【東京喰種:re】134話の画バレ・ネタバレ・感想!135話のネタバレ予想は!?

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

マンナビ管理人のナビゾウです!いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

東京喰種:re 134話の画バレ・ネタバレ・感想になります!旧多・ピエロと対峙する瓜江と黒磐でしたが…瓜江が早速の致命傷で死亡フラグ…?逆に、シラズ復活の伏線やトーカ・四方が絶体絶命のピンチに!オッガイのフレームアウトで訪れる未来とは…?


【東京喰種:re】トーキョーグール 134話「いざ知らず」のネタバレ・あらすじ

 

冒頭は前回からの引き続きで、瓜江 黒磐が旧多らと戦闘するシーンから。

その周囲には、すでに捜査官の骸が転がっている…。

 

旧多「ー僕は局長だ」

「 “面倒ごと” を持ち込んで 僕に迷惑かけたら駄目でしょうが」

 

「ロマ リオ」

「二人とも殺せ」

 

と次の瞬間、巨大な赫子が黒磐を襲う!!

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

それをさばく瓜江。

リオ「おまあ」

ロマ「にやにや」

 

 

壁にかけてあった剣をとる黒磐「ーうむ」

 

 

瓜江「…クインケでなく斬れますか」

 

黒磐「コツがある」

 

 

ロマ「対策局で戦えるなんてたーのしーッ♪」

旧多「享楽に身も心も委ねなさい」

 

リオ「∞ー」

 

 

はしる赫子を、瓜江は躱しつつ 黒磐は断切っている。

 

仕掛ける黒磐「おむううううッッ」

「ーだぬ!!」

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

リオ「あまっ」

 

間髪入れずに顔に一撃を。。

リオ「ーかっ」

「から〜♨」

 

効果音(ミシ)

 

さらにもう一撃がリオの顔面を捉える。

その姿をみて飛び出すロマ「シコちゃん〜助太刀いたすー」

 

「ゔえ」

 

が、その瞬間瓜江の膝蹴りがロマの腹部を捉える。

瓜江「却下だ」

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

そのまま体を寒天させた勢いで回し蹴りをくわわす瓜江。

命中したロマは後方へと吹っ飛ばされる。

 

一方、さらに顔へと攻撃を食らいそうになるリオ「ーあぼろ茄子…」

「ぶひぃ」

 

赫子を出すリオ「ばっ!!」

 

義手と剣を飛ばされてしまう黒磐。

黒磐「!」

 

と、その落ちた剣を拾い黒磐めがけて突き出すロマ。

ロマ「おおおおお〜ぅっ!!…」

「エクスカリバァァァァァァァッッ」

 

そのツキをなんなくかわす黒磐。

 ロマ「あ〜っダメだあ!!」

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

同時に、ロマがツキに来た腕を掴む黒磐。

ロマ「あっどうなる」

黒磐「むン!!」

 

投げられてしまうロマ「ぼげえ!!」

 

も、すぐに立ち上がるロマ「は はらひれえほれふりゃぇ… 女のコなのに…」

 

瓜江「ーっか!!」

瓜江の斬撃は腹部へとヒット。

 

倒れてしまい、瓜江から見下ろされるロマ「ーあふぁ が」

「ぎゃ ぎゃめ…やめて…やめ…」

 

「ーてい!!」

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

瓜江「茨橋一等(オークシヨン戦)と同じやり方か」

ロマ「…!」

 

瓜江「芸のない奴め」

「主要な戦闘記録のはすべて目を通している」

 

ロマ「あっ マジでやめてちょいちょいちょい」

 

瓜江「ナメるな」

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

瓜江に頭部を一撃で貫かれるロマ。

プルプルと震えている…。

 

ロマ「ぶぼっ ぼっ ぶぼぼっ」

 

効果音(ドサ)

 

 

リオ「オスメスオスメス…」

 

黒磐の締めをギリギリの状態で耐えているように見えるリオ。

 

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

 

「ーデス」イキッ

 

効果音(ドサ)

 

 

向き直る瓜江「ー “喰種” と組んでいたとは…いよいよ言い逃れできないな 局長…いや、」

「旧多」

 

も、余裕の表情を浮かべる旧多。

その手にはおもちゃのアヒルが。

旧多「まだ倒してないですよ」

「”うしろ” 」

 

瓜江「….」フッ

「…そんな子供騙しに俺」

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

 

場面は変わり24区地下。

「ひいっ」

「ぎゃああ」

「やめ…」

 

オッガイたちが次々と近くにいるグールめがけて仕掛ける姿が。

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

トーカ「20番地下道に避難して!戦えない人は優先してあげて!」

「(あそこなら攻撃を防ぎながら深部に潜れる…)」

 

「…!」

 

とその瞬間、トーカへもオッガイの手が…。

オッガイ達「どぅ」

「ぐあっ」

 

赫子を出し凌ぎきるトーカ。

「…こんなとこでくたばれるかよ」

 

万丈「ーカネキ また向こうに “食糧” があったみたいだ」

月山「人目につかない鬱蒼とした森…最後のときを過ごすには丁度良いのかもしれないね」

カネキ「この調子で見つかれば 地下の皆も食べていけますね,,,」

 

月山「…? どうかしたのかい?」

 

カネキ「…ううん」

カネキ「(なんだろう すごく “嫌な感じ” がする…)」

 

どうやら無事に樹海へ辿り着いた様子のカネキ。

も、その描写を挟んでまた子供らを追い回すオッガイらの姿が映し出される。

 

「ハッ ハァッ ハッ…」

「ー!!」

 

トーカ「ユキ!!」

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

 

「…ヨモおじさん…」

赫眼を現す四方「…トーカのところへ」

 

 

ナキ「ーオラァ白スーツだガキども!!」

ミザ「ー」ズバ

 

ナキ ミザらをはじめとしたメンバーが、最前線へと。

 

と次の瞬間、ついに六月 晋三平らが姿を表す。

トーカ「アイツ…」

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

六月「ー寝んな」

 

倒れていたオッガイたちが立ち上がる。

ナキ「来るなら来やがれ」

 

「ー…!?」

 

オッガイ「あいあいあいやーッッ!!」

「うーッうーッ おかあさんおかあさんおかあさん」

「なんで殺したんだ なんでなんでなんで殺したんだなんでなんで」

「死にたくない死にたくない死に死に死にたい死にたくない死し死にたくない死にたい死にたい」

「いやだいやだああいやだよおおいやだやだじだい」

 

ミザ「これは…」

頭を抱えながら激しく何かにぶつけているオッガイ。

四方「…」

ナキ「自傷してやがる…」

 

オッガイ「ー殺す殺せ」

「壊れる壊れろ壊れる壊れろ壊れる壊れろ壊れる壊れろれろいろるえ壊れる壊れろおりえあり壊れる壊れろうらいうああああ」

「どうして僕を置いていくの なんでこうなる」

「いやだああああああいやだあああああああっあああああああああああ」

 

 

六月「カレーにしちまえ」

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

『フ レ ー ム ア ウ ト 』

 

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

 

 

次回、東京喰種:re トーキョーグール 135 へ


【東京喰種:re】トーキョーグール 134話「いざ知らず」の感想・135話の予想!

ピンチですねー。ピンチですよー、ウリエさん。

どう見ても致命傷、に見えますよね?首にも上半身にもグサグサと刺さってますからね。赫子が。

 

うーん、、、。まぁ、ウリエたちがピンチになることは予想していましたが、それにしても展開が早い…。というかここまで速攻で致命傷を与えられてしまうとは…。

 

以下の考察記事で書いた通り、ウリエたちのもとに救世主が現れることは間違いないでしょうけど…。

>>ウリエの救世主はサイコ?

 

今回でカネキの可能性はほぼなさそう。なので、サイコの線が濃厚か・・?

ただ、六月さんが24区地下に登場したことで、サイコVS六月でのクインクス分裂だけはなさそうな展開。

 

あと…ネット上で噂されているのが、いわっちょの肉をウリエが食べて覚醒?という未来です。

というのも、132話でいわっちょ(黒磐巌)がウリエとの会話で語った以下のシーン。

あ

 

ウリエの父親との思い出を回想していますが…これが死亡フラグでは?という指摘があったのですが…ウリエ覚醒のきっかけになるとすると…ありえなくもない気がするぞ…。

 

そしてもう一つ気になるのが、フルタが語ったラスボスについて。

以下の考察記事で解説した通り、ウリエやサイコらクインクスメンバーがフルタのいうラスボスである可能性もあります。

>>ラスボス=竜の正体は…○○!

 

となると、フルタ的にはウリエは殺さずに瀕死の状態で回収をする?という予定でいるのかも…?

いやーーーー、ピンチすぎますよ。ええ。ピンチすぎておしっこちびっちゃいそうですよ。トーカちゃん。

 

カネキさん、なんでいないんですかね。子供を身ごもっている妻を置いて…。

オッガイの手がトーカを襲い始め、六月も登場。

完全にトーカに対して敵対心ムンムンじゃないですか…。目が怖いって・

東京喰種:re,134話,画バレ,ネタバレ,感想

四方さん、ナキらがいたのは救いでしょうけど…四方さんもなんだか嫌な感じがするし…。

これはもう、アヤトさんに早いところ帰ってきてもらって、地下にいた隻眼を仲間として救世主になってもらうしかありませんよ。

 

ただなぁ…その24区地下の隻眼自体がフルタのいうラスボスではないか?という予想もあるだけに…

以前考察したような、最悪の結末だけは避けてもらいたいところ…。

 

そして‥ラストで六月の一言で「フレームアウト」って…。いやー、やばいなんてもんじゃないですねもう。

これ、オッガイのフレームを外しちゃったってことです?

もしかして…フルタのいうラスボスって…オッガイなのか…?

 

そしてもう一つ、きになるのが今回のタイトルにもある「いざ知らず」です。知らず。。しらず。。シラズねぇ…。

この件は以下の記事で詳しく考察しているので、ぜひチェックしてみてください!!

>>シラズ復活キターー!カレーの意味が怖すぎる!

 

それなら、今までの伏線も納得の結末を妻得られる予感が、、しなくはない…。