ゴールデンカムイ ネタバレ最新124話 『思い出の写真』感想あり!

ゴールデンカムイ ネタバレ 124

マンナビ管理人のナビゾウです! いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

土方歳三らの登場で、杉元たちと都丹庵士の戦いは終結。

ひと息ついたところで、土方はある提案を杉元に持ちかけてきます。

その提案とは……『記念写真』!?

北見の町の写真館で、唐突に始まるグラビア撮影――――もとい記念写真撮影会

一方、根室に逗留中の鶴見中尉も、いろいろと策を練っているようで……?

あの有名な写真、あの有名人の私生活、新聞の意義など、歴史トリビアも一緒にご賞味を!


ゴールデンカムイ ネタバレ最新124話

ゴールデンカムイ ネタバレ 124

出典: http://manga-spoiler.com/

サブタイトルは 「思い出の写真」。

ちょいとおセンチ(死語)なタイトルですが、まあこれは本編をご覧ください。

 

扉絵は杉元クン&土方、それに刺青人皮の入手状況図。

朝日の差す中でクールに決めた杉元ですが、軍帽+全裸の残念ファッションで完全アウト。

そんな彼を、故・辺見クン(シャチに●された杉元スキーな脱獄囚)がウットリ……。

「カァァァンッ」って例の音立ててる都丹の人皮(写し)とか、ツッコミ要素満載。

土方は土方で、読者に目線合わせてニヒルに決めてる(笑)し。

 

笑ってしまいつつも、まずは今回のあらすじです。

杉元と都丹庵士の死闘に水を差したのは、土方歳三とその一行でした。

土方とアシリパの口添えにより戦いは終わり、都丹の身柄は土方に任されることに。

 

第七師団の鶴見中尉は、根室で部下・宇佐美上等兵からの報告を受けます。

北見の町に到着した杉元・土方一行は、町の写真館で撮影会。

新聞記者・石川啄木をスカウトし、写真に着目した土方の真の目的とは……?

そしてとんでもない写真(笑)を撮られてしまったセクシーマタギの明日はどっちだ!?

 

もうそろそろマジ勘弁してあげて……野田先生……。

本気で谷垣クンが不憫に思えてきたところで、本編へGO!


休戦……似通った荒ぶる魂

ゴールデンカムイ ネタバレ 124

出典: http://manga-spoiler.com/

朝の陽光に包まれた廃旅館。

「お嬢…また会ったな」

友好的な台詞を吐きつつ、メキメキバリバリと雨戸を破壊して『不敗の牛山』、参上。

土方歳三、永倉新八の爺さんズと一緒にこの場へ到着した模様です。

彼の『お嬢』って呼び方、なんかイイですね。

『チンポ先生は、扉から入らない。』

この煽り文句に笑ってしまった読者は多いはず。

確かにこのヒト、壁だの坑道を塞いだ板だのをブッ壊して出現する確率高いです。

おまけに、爆発炎上にも縁がありますね。

家永ホテルとか小樽の銀行とか江渡貝くぅん邸とか。破壊関連担当。

 

杉元 「よくここがわかったな?」

土方 「……外にいる犬っころだ」

旅館の外には、リュウとチカパシ、それに意識を取り戻した白石(丸出しやないか!)。

土方さん一行、都丹庵士率いる盗賊団の噂を耳にしてこの地へ。

温泉旅館へ辿り着いたところを、リュウが誘導してくれたようです。

 

薄暗い座敷に観念した様子で座した都丹庵士。

永倉 「杉元… トニの処遇は 我々に任せてはくれないか」

「お前たちを襲う心配は もう無いだろう」

杉元 「俺の分も入れ墨を写させてくれるなら…」

前回ラストの逆上した様子から覚めた杉元クン。

永倉翁の申し出を快く受けつつも、しっかりとこちらの要求は突きつけます。

こういう切り替えの早さ、抜け目のなさが『不死身の杉元』の油断ならない部分。

 

しかしこのまま都丹を野放しにしては、再び付近の村に新たな被害が出る可能性があります。

そこで口を開いたのが、アシリパ。

アシリパ 「こんな暗いところで離れて暮らして 悪さをするため外に出るのは夜になってから…」

「これでは いつまでたってもお前の人生は 闇から抜け出せない」

ド直球な正論に、都丹・陥落。

都丹 「…… 参ったな こりゃ…」

孫のような少女に説教……のみならず労わりの言葉までかけられ、苦笑いの都丹さん。

毒気を抜かれてひとまず休戦、といったところでしょうか。

 

廃旅館を出た杉元たち、湖から戻ってきた谷垣・キロランケ・インカラマツと合流。

全裸の男どもが誰一人として局部を隠さないのが、清々しいですね。

尾形 「犬より役に立っとらんぞ 谷垣一等卒 秋田に帰れ」

キッツイな、尾形クン――――ボロクソに言われて谷垣、絶句。

今回の戦闘で一番輝いてたのは尾形クンですから、言われても仕方ないでしょう。

冷静に見ればこの人、温泉に小銃持ち込むヤバイ奴ですが……。

 

廃旅館では、久々の再会を果たした土方と都丹が会話中。

都丹さん、前回ラストの様子からは、結構土方さんをリスペクトしていた様子がうかがえます。

土方サンの方も『力づくで従わせるぞ』みたいな感じは皆無だったし……。

長い監獄生活の中で、相手を十分理解していたからでしょうか?

都丹 「さっき殺し合いをしている時に ふと懐かしさを感じた…」

「鬼のように狂暴だがどこか優しくて腹の据わった声 どこかで聞いた声だと…」

都丹、落ち着いた様子で杉元の印象を語ります。

都丹 「あの男は 網走監獄で初めて出会った頃の 若い土方さんにそっくりだ」

言われた土方さん、まんざらでもない様子の微笑。

案外、自分でも『コイツ、ちょっと俺っぽいよな~』なんて思ってそう。

頭が沸騰しちゃうよう!

ゴールデンカムイ ネタバレ 124

出典: http://manga-spoiler.com/

場面は変わり、第七師団の面々が集う場所へ。

切ない溜息を吐く鯉登少尉、お目付け役の月島軍曹をうんざりさせています(笑)。

彼の手には『鶴見中尉&鯉登少尉たち』という謎のコラ写真が。

鶴見サン以外の人間の顔にぜ~んぶ鯉登クンの顔写真をペタリと……。

捏造の度合い、前よりパワーアップ……いえ、悪化。

 

根室の海沿いにある建物で、鶴見中尉は部下からの報告を受けます。

付き従うのは平常に戻った鯉登(笑)&月島、二階堂のお馴染みメンバー。

ちなみに報告者は、先日網走監獄から余裕で脱出したニセ看守クンです。

内容は、犬童典獄による資金稼ぎと武装強化の詳細について。

鶴見 「……でその武器を保管している場所を探る前に 正体がバレてしまったと」

「そういうわけだな? 宇佐美上等兵」

痛いところを突かれてギクーンとなった報告者――――宇佐美クン。

鶴見 「貴様を看守として潜入させるのに どれだけ手間がかかったか分かってるのか?」

怒りの鶴見中尉、宇佐美クンを座らせてその顔に落描きを開始します。

鶴見 「このホクロにこうしてこうして 身体を描いて……走らせてやる!!」

宇佐美 (ひゃあ~ 近い近い)※心の悲鳴

――――え~と、なぜ喜んでいるんですか、宇佐美クン……。

網走脱出時も「叱られてしまう~」と嬉しそうに呟いてたし、アレな人なのでしょう。

褒められたい鯉登に叱られたい宇佐美クン、バラエティ豊かだな第七師団!

 

かくして宇佐美クンのほっぺに『走る糸人間』が爆誕。

嫉妬に狂う鯉登クン、無邪気に喜ぶ二階堂と、反応は様々です。

鶴見 「もう片方のホクロも走らせてやる」

宇佐美 (頭が沸騰しちゃう)

アカン……このヒト、ラクガキで昇天しかねん人ですわ……(滝汗)。

イジメてるように見えて、宇佐美クンにとっては完全なご褒美じゃないですか!

両頬のホクロから、糸人間二人が完成です♪

鶴見 「ふたりのホクロ君は一生懸命走る」

「だが…ホクロ君たちの距離は永遠に縮まることはない…」

なぜいつの間にか『ちょっと切ない恋物語』を始めてるのか、鶴見中尉。

二階堂 「がわいそう…」

激しく感情移入する二階堂クン、グギギな鯉登クン。

例によって、この場で唯一正気を保っているのは月島軍曹のみ……お疲れ様です……。

 

月島 「ところで…来る途中の屈斜路湖で 杉元たちの情報を得たらしいな?」

お仕置きめいたご褒美(笑)を中断、通常モードに戻った鶴見中尉。

鶴見 「アイヌの少女も… ちゃんといたか?」

第七師団――――というより鶴見さん、以前からアシリパとフチを重要視してますよね。

これってやはり、のっぺら坊の関係者だから……?

来るべきのっぺら坊奪還に、アシリパさんを利用しようと目論んでいるのかも。

鯉登 「おい宇佐美 さっさと顔を洗ってこい」

嫉妬する姿は見苦しい……そういうところだぞ、鯉登少尉!

写真撮ろうぜ!

ゴールデンカムイ ネタバレ 124

出典: http://manga-spoiler.com/

山を下り、北見の町に到着した杉元たち。

この移動中に、杉元は土方・永倉にキロランケ&インカラマツ疑惑について語ったようです。

完全な味方じゃないにしても、しばらくは共同戦線を張ることになる相手。

部分的な情報共有は必要、といったところでしょうか。

杉元 「すべて鶴見中尉の仕組んだことで 片付けばいいんだけどな」

土方 「私も思うところがあって… 実は古い知り合いをこの町によんでいる」

「あのふたりの写真を撮って誰かに調べさせよう 正体を知ってる者がどこかにいるかもしれない」

杉元&土方、阿吽の呼吸で次の行動を決定します。

『二人が似てる』という都丹サンの言葉を思い出すと、ニヤリとしてしまいますね。

 

話がまとまり、急遽杉元・土方連合軍は町の写真館に集合。

キロランケ 「なんだって急に写真なんか…」

杉元 「アシリパさんの写真をフチに送ってあげようと思ってね」

単なる思い付き、という体で勧めてくる杉元クンです。

杉元 「せっかくだから 思い出にみんなで撮影会しようぜ」

全員、内心はともかく表面上は素直に従い、お澄まし笑顔で写真を撮ります。

インカラマツ(シラッキカムイ付き)、キロランケ(流し目)、牛山&家永夫妻(違う)、チカパシ……。

牛山……まだそのストゥ(制裁棒)持ち歩いてたのか……。

小銃と弓、それぞれの武器を手にツーショットの我らが杉元&アシリパ。

 

そして、ひとりだけフンドシ姿での撮影を無理強いされるセクシーマタギ・谷垣。

谷垣 「すみません ほんとに脱がなきゃダメなんでしょうか」

田本(写真師) 「他の人たちはみんな脱いだよ?」

なぜそんな見え透いた大嘘にダマされるんだよ、谷垣一等卒!!

谷垣 「こうですか?」

椅子に腰かけてM字開脚とか……谷垣ェ……(絶句)。

都丹庵士にブチ抜かれたばかりの、お尻の貫通痕が眩しすぎます。

田本 「もうちょっと足を開いてみようか」

もうね……初対面の写真師さんにまでイジられるとか……可哀そうでしょ!

 

しかしこの撮影会、脱獄囚だの脱走兵だのヤバい人もバッチリ撮っちゃってますね。

まあ、この写真が『何枚も』『世間に』出回らなければ問題ないと思いますが。

――――と、そこら辺がこの撮影会のキモになります、たぶん。

新聞と写真、その大いなる力

ゴールデンカムイ ネタバレ 124

出典: http://manga-spoiler.com/

その頃、白石と石川啄木(土方が遊軍記者として?スカウト)は遊郭を満喫中。

ああ……気が合いそうな二人ですねえ……素行的に……。

有名歌人、めっちゃ豊満な遊女の胸に顔埋めてご満悦。

石川 「おいブス 酒持ってこいッ カネならあんだぞ!! 歳三が小遣いくれたんだからよッ」

ブスって……年上で雇い主の土方サンを名前で呼び捨てって……。

 

一杯ひっかけてご機嫌の白石、啄木に土方の意図を尋ねます。

石川 「なんでも近々 あちこちの新聞社を買う予定なので 新聞記者を探してたらしいぜ」

し、新聞社を『買う』!?

例の金塊が手に入れば、できなくはないかもしれませんけど!

啄木さん、ウィリアム・ハースト(アメリカの新聞王)の名も挙げつつ、話を続けます。

石川啄木 「日露戦争を境に 日本の新聞に何が起きたか知ってるかい?」

遊郭で酒と女を愉しみながらとは思えない、お堅い話題です。

白石 「たしか戦争のおかげで めちゃめちゃ新聞が売れて儲かったんだよな」

石川 「そういうことじゃなくて もっと革命的なことだぜ」

土方歳三、自分の目的について、既に石川啄木と打ち合わせ済みのようです。

ハーストが『絵や写真を紙面に載せる』のに執着していると語る石川氏、目が輝いています。

石川 「読者の視覚に与える影響力のデカさをよく知っているんだろうな」

あちらこちらで、寛ぎながらも新聞に目を通していた土方歳三。

長いこと浦島太郎状態だったせいで、情報に飢えてるんだろう……そのぐらいに考えていたのですが。

土方の目的は、もっと大きなもの――――?

例えば世間全てを動かせるような、とんでもない規模とインパクトを持つものなのかもしれません。

 

その土方歳三、撮影会を終え、昔馴染みの田本写真師と雑談。

田本 「まさかご存命であったとは」

「ずっと我が家で大切にしていたものをお渡ししたくて 土産に持って参りました」

差し出された小さな写真を、感慨深げに眺める土方さんです。

土方 「ほお」

若き土方歳三の洋装(軍服姿)、例の有名な写真です。

幕末ファンならずとも一度は見たことがある……コレを撮ったのが田本さんなのですね。

 

長い年月を経て同じ写真師に撮影された土方さん、胸に去来したのはどんな感情でしょう?

現像を終え、乾燥させるため吊られた写真たちが並びます。

谷垣、フンドシ姿にネクタイまでさせられてたのか……意味不明。

昔と同じポーズで撮影した土方さんに胸を熱くしながら、以下次号。

 

ゴールデンカムイ124話 まとめ

都丹庵士戦もひとまず終結、仲間フラグが見事に結実して良かったですね。

部下もいなくなったことだし、都丹サンがこちら側についても問題ないのでは?

――――などと書くと残酷ですね、ごめんなさい。

年齢と苦労の分だけ人間がデキてる感じなので、結構頼れる存在になりそうです。

 

合流後、まさかの写真撮影会。

尾形クンはさすがに不参加かな? さすがの危機管理能力の高さよ。

(実は撮ってました……だったら、それはそれで面白いですが)

写真撮影+新聞社買収でやりたいこととは一体何?

世間の不特定多数に『誰かの顔』を知らせたい……ということでFA?

それとも、敢えて自分たちの顔や行動を世間に晒すことによって、正当性を主張したいとか……。

いまひとつはっきりしませんが、マスコミの力を利用しようとしているのは確か。

次回以降、土方&石川啄木の動きで、もっと具体的な目的が見えてくるかもしれません。

 

第七師団は相変わらず元気そう・楽しそうで良かった、良かった★

最後に一言……杉元たち全裸男ども、朝になっても堂々としすぎじゃ!

土方&永倉は何も思わなかったのでしょうか、とりあえずアシリパさんに謝れ!

 

>>ゴールデンカムイの考察記事一覧!