【東京喰種:re】126話の画バレ・ネタバレ・感想!127話のネタバレ予想は!?

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

マンナビ管理人のナビゾウです!いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

東京喰種:re 123話の画バレ・ネタバレ・感想になります! 遂に初夜を迎えたカネキとトーカ…。2人の初々しい初体験をこと細かく描写しています…なんだか、涙が出てきそうなきが。。

 


【東京喰種:re】トーキョーグール 126話「指輪」のネタバレ・あらすじ

 

冒頭は武臣と依子の挙式と思われる描写から。

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

皆の笑顔、そして祝福に包まれながら大勢が見守っている様子。

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

ブーケを高く投げ上げる依子。

おsのブーケをキャッチする五里。

 

六月「ー来ないと思っていた」

「瓜江くん忙しいから」

瓜江「(来るつもりなかったが…)」

 

ベンチに座る2人。

 

六月「政さんがやってた職務の資料 瓜江くんがまとめてるんでしょ?」

瓜江「(お前が来ると聞いてな)まぁな…」

「(六月…)」

 

写真に突き立てられたあのナイフの光景を思い出しながら、横目でチラリと六月の横顔の様子をみる瓜江。

 

視線をおとすような瓜江「…」

 

六月「ー幸せそうだったね 黒磐くん」

 

 

「依子さんもとっても綺麗だった…」

 

「私たちにも…ああいう幸せが “あった” のかな?…」

 

瓜江「………」

 

「…あるさ」

 

「米林なんかは想像つきやすいな(料理はしないだろうな)」

 

六月「あはは 才子ちゃんはいいお母さんになりそうだね」

 

瓜江「…」

「…たまには帰ってこいよ」

 

六月「…」

 

「ー行ったんだ」

スッと立ち上がる六月。

瓜江「?…」

 

六月「先生がよく行っていた店に…そしたら…」

「いたよ ”彼” が」

瓜江「!」

「佐々木が…か?」

その言葉を聞き、表情をかえる瓜江。

 

六月「瓜江くん 私…」

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

六月「先生を止めたい」

 

瓜江「…」

「止める…?」

 

六月「彼は生きてる そして…」

「 “喰種側” に立っていた」

 

瓜江「!」

「それじゃあ “CCG” の発表と同じ…」

「(ーとすれば佐々木が生きていようがただの裏切り者…)」

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

 

瓜江「ー局の対応は “確保” ないしは “殺害” …」

 

六月「私はそんなこと望まない」

 

そう言った六月の顔を見る瓜江「…」

 

六月「私はただあの家に」

「…みんなの元に帰ってきて欲しいんだ」

 

瓜江「..それは…無理だ」

六月「わかってる…でもあきらめたくないから」

 

瓜江「..奴を庇えば…お前も同罪になるかもしれない」

 

六月「かまわない」

 

瓜江「ー….」

立ち上がる瓜江「構えよ!」

 

六月「ーかまわないんだよ!!」

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

瓜江「ー」

 

 

六月「 “オッガイ” の教習担当を打診された」

瓜江「!」

 

六月「和修局長に呼ばれてさ 一気に昇進だよ」

 

 

「 “オ隊” は “CCG” の最重要任務を担う 局の最高峰だ」

「最重要任務にも関われる…」

 

瓜江「(佐々木の捜索にも…か?)」

「なぜそこまでする…」

 

六月「なぜ?」

 

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

六月「愛してるんだ 佐々木上官を」

 

「どうしようもないんだ」

 

 

六月「どうにかできるんだったら…私はどうなってもいいよー」

 

そう言い去っていく六月。

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

立ちつくすような瓜江「 」

 

 

安浦「三ちゃん 行かなかったの?」

晋三平「うん」

 

場面は変わり、病室にいる安浦と晋三平の2人の様子。

安浦「顔を出しておくものよ そういうところから信頼関係が生まれるの」

「それにせっかくおめでたい日なんだから…」

晋三平「おめでたい?」

立ち上がる晋三平。

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

晋三平「ーこれから先 俺におめでたい日なんてないよ」

 

「アイツを殺すまでは…」

 

安浦「…三ちゃん」

「伯母さんさむいわ シーツをかけて頂戴」

 

晋三平「ごめんね」

安浦「私も地行博士に “鉄の脚” をつけてもらおうかしら 鈴屋くんみたいに」

 

晋三平「行くよ」

と言いながら、部屋を出ていこうと背を向ける。

 

「…伯母さん」

「伯母さんの復帰祝いにはアイツをクインケにして持ってくるからー」

 

外を見つめながら、ため息をつくような様子を見せる安浦。

 

帽子の男「ー…宇井特等」

「私と話しても気休めになりませんよ」

 

どこか屋外のベンチに座り、背中越しに話をしている様子の2人が。

宇井「ー “オッガイ” の補佐隊に 見憶えのある体躯の奴が多いと思った」

 

「…お前が存命している事が私の望みが叶う確証になる…」

 

「オカヒラ」

 

 

岡平「…」

 

宇井「お前はロゼ戦でたしか命を落としたはず だろ」

「嘉納明博の手によるものだな?…」

岡平「特等」

「…あなたがこうして近づいたのは…」

 

「…有馬貴将? それとも伊丙上等のためですか?」

 

岡平「可愛らしい少女でした…ずいぶん振り回されたのもいい思い出です」

 

「希望は…たしかに必要です しかしー」

 

 

「ーシ者は生き返りませんよ」

 

 

宇井「…」

「..忠告どうも」

 

立ち上がる岡平「…行きます 薬の時間です」

「これを過ぎると “また” 死んでしまいますので」

 

宇井「(オカヒラ…つながれた命…鎖を握るのは しに神…)」

「(それでも…)」

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

 

 

宇井「( “しに神” も “神の一種(ひとつ)” なら 私はすがるよー)」

 

その背景には旧多の後ろ姿。

 

カネキ「ー依子ちゃん綺麗だったね」

トーカ「…うん」

 

小高い山の斜面にでもたっている様子のカネキとトーカ。

 

トーカ「…ありがとう 連れてきてくれて」「(つくりものだったのかな “あの手” …)」

 

カネキ「局員の式場の定番 何か所かに限られるから 元捜査官で良かった」

トーカ「 」

 

にこやかに笑うような様子を見せる2人、

 

トーカ「カネキ」

カネキ「ん?」

 

効果音(チャラ)

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

トーカから手の平に受け渡されたリングを見るカネキ

カネキ「アラタ…ヒカリ…?」

 

トーカ「父さんと母さんの」

 

トーカ「これ握ってると二人のこと思い出せるから いつも力もらってた」

 

「ー… 宝物だからアンタにあげる」

 

カネキ「えっ いいの?…」

トーカ「ん」

 

 

笑顔のカネキ「…じゃあ僕は…これを見てトーカちゃんの事想い出すね」

トーカ「…」

 

カネキ「行こうか みんなが待ってるー」

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

次回、東京喰種:re トーキョーグール 127 へ

 


【東京喰種:re】トーキョーグール 126話「注意」の感想・126話の予想!

依子が生存していることが確定しましたね。とりあえず。

それにしても、どんな時系列で物語が描かれているのか?分からなくなってきましたね。

 

しかも、トーカとカネキもその姿を見ているし、トーカが語っている内容からして六月と戦った後だという事は間違いないです。

トーカ「…ありがとう 連れてきてくれて」「(つくりものだったのかな “あの手” …)

と語っている訳ですからね。

 

しかも、その挙式に笑顔の六月が…「オイオイどんな心境でその式に出席をしているんだい…。」という突っ込みを入れたくなるくらい自然な笑顔で見守っているではありませんか。

 

ただ、一部の予想では、依子は死亡しているのでは?という意見もあります。(公開処刑を受けたカネキの偽物のように、挙式に出ていた依子も偽物では?という意見ですね。)

 

 

 

そして、六月とウリエの会話・・・。

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

六月「愛してるんだ 佐々木上官を」

「どうしようもないんだ」

 

あっさりとカネキへの愛をウリエに伝える六月。 ある意味清々しい!

これで、六月に対して密かな想いを抱いていたウリエが完全に振られた形ですね!残念!

 

和修政・ウリエ・六月、そしてサイコも巻き込んだ4角関係に勃発していましたが、1つの愛が終わった? いや、カネキもいるから5角関係かな?

これはもう、ウリエさんには政さんとゴールインしてもらうしかないですね!! 姿を消している政ですし、フルタとは敵対する立場として復活する可能性が高く、そうなるとカネキ側につく可能性が高い。

で、更に政とウリエがくっつくとなるとwww ウリエもカネキ側、そしてカネキを慕っているサイコも、といった流れですかね。

【東京喰種:re】100話のネタバレで和修政・ウリエ・六月の三角関係が勃発!?

2016.11.06

 

さらに、

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

晋三平「ーこれから先 俺におめでたい日なんてないよ」

「アイツを殺すまでは…」

 

 

安浦の両足が切断されている‥。これはコクリアから脱出する際にカネキと戦闘したときに負ったものだと思われますが…カネキの手によってなのか?

晋三平は完全にカネキがヤッたと思っているが…何か裏がありそう。

 

「…伯母さん」

「伯母さんの復帰祝いにはアイツをクインケにして持ってくるからー」

外を見つめながら、ため息をつくような様子を見せる安浦。

 

ただ、安浦の様子を見ていると何か事情がありそうな予感・・・。

 

 

東京喰種:re,126話,画バレ,ネタバレ,感想,127話,ネタバレ予想

 

オカヒラが久しぶりに登場しましたね! 流島へんでムキムキ全裸男に襲われるクロナとの闘いで登場していたオカヒラでしたが、ここで登場という形に。

伊丙の復活を願う宇井の願いはかなうのか?

 

 

今回は色々なキャラが登場して今後の展開が一気に動き出しそうな予感をビンビンと感じました!!

 

そして、やはり気になるのが最後のムカデ! あれは一体何を表しているのか‥? もしかして、、ウタやドナーとが使う分身の術…で、カネキやトーカたちの会話を聞いている?

それともこれから始まる最終決戦の伏線となっているのか…?

 

今後のためにチェックしたい人気記事!

>>フルタ=ラスボス説を完全否定してみた!

>>ヒデがピエロの王!ラスボス決定か?

 

有馬貴将の知られざる過去が判明…!

39ef4c622c3a5d97969cd315c3690bc4-720x446

有馬貴将の知られざる過去って…?

 

東京喰種:re ねたばれ・考察一覧