【東京喰種:re】117話の画バレ・ネタバレ・感想!118話のネタバレ予想は!?

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

マンナビ管理人のナビゾウです!いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

東京喰種:re 116話の画バレ・ネタバレ・感想になります!Rc抑制剤の効果により目を覚ましたアキラ。黒山羊への加入した生きる道がないものの、アキラとの複雑な関係にあるヒナミやトーカが・・・。CCGでは政が行方不明となり和修吉福(きちむら)が誕生・・・。

 


東京喰種:re 117話 「親指たてる」の画バレ・ネタバレ・あらすじ

冒頭はアキラが目を覚ましたところから。

効果音(パチ)

アキラ「…ここは…?」

 

万丈「おお!?目ェ覚めたかッ!」

 

アキラ「…誰だオマエ」

明らかに不機嫌そうな表情を見せるアキラ。

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

涙目の万丈「ーカネキ」

「…アキラさん気が付いたぜ」

なにやらモニターの前でひとり情報収集or思考中といった様子のカネキの元へ向かった万丈の姿。

カネキ「! あ うんー」

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

カネキ「………….」

 

カネキはアキラの元に向かい2人きりになる。

 

アキラ「…」

「…どういう感じだ?」

カネキ「…!」

 

アキラ「記憶や感情は…」

「…オマエは」

「私の知っている男か?」

 

カネキ「…」

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

カネキ「ーアキラさん」

「僕が…あなたに抱いていた気持ちは変わりません 今も僕はあなたを…」

複雑な表情を浮かべながらも顔をあげるカネキ。

 

アキラ「ー私にとっては」

 

「どうだろうな…」

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

アキラ「私の知るあの捜査官は」

「有馬貴将に刃を向けるような真似はしない…」

 

「悪いが一人にしてくれないかー」

カネキ「…..」

 

場所は変わり、二人で話している様子のカネキ 平子。

カネキ「ー…」

「…話さない方が良かったんでしょうか」

「… “CCG” の…有馬さんのことー」

 

平子「重要なことだ 後回しにして誤解を招くよりいい」

 

カネキ「…アキラさんが心配で…」

「あれでけっこう繊細ですから…」

「このままで大丈夫でしょうか…」

平子「大きく環境が変わった ”CCG” から一気に “喰種” 側…」

「アイツの心情面の負荷は推し量れない 折り合いをつけるには時間がかかるだろう」

 

「ー情報筋では 真戸アキラは “CCG” の捜査官からすでに除名され」

「 “喰種対策法違反者” としてリストに挙げられている」

「元の環境に戻るのは不可能だろう」

 

その背景では月山と堀の2人。

月山「CCGへサイバーアタックというのはどうかな?」

掘「マシンが足りないし足がつくよ」

 

平子「ー咄嗟とはいえオウル滝澤を庇った 彼女の意志の結果が状況をつくった」

カネキ「…それでも アキラさんの為に出来ることはすべてしておきたい」

 

「彼女は大切な人です」

平子「…」

 

「ー現状の受け入れに時間がかかるのは間違いないが ”早める事” はできるかもしれない」

「その場合、アキラを助けられるのは」

「 “もっとも彼女を憎んでいる人物” かもしれないな」

 


アオギリの樹/19区アジト跡

場所は変わって、アオギリの樹アジト跡でアヤトとヒナミの2人の姿が。

アヤト「ーヒナミ」

「…どうしたこんな所で…」

ヒナミ「ううん」

「あの人 意識が戻ったって…」

アヤト「…( “背骨使い” か…)」

 

アヤト「…憎いのか?ー」

 

 

ヒナミ「…わたし」

「あの人に直接なにかをされたわけじゃない…」

 

「でも…複雑かな」

「あの人が “黒山羊(ゴート)” にいるのは…」

 

ヒナミ「あの人の顔を見るたびに 嫌でも私はお母さんたちのことを思い出す」

 

「ーきっとそれにもいつか慣れていく」

「擦れた皮膚がぶ厚くなっていくみたいにー」

「ー… それが…」

 

「お母さんたちに申し訳なくって…」

 

ヒナミ「私は、私の望むときに お母さんたちのことを思い出したい」

「いつかそれすら前向きに捉えられるように 綺麗にしまっておきたいの」

「だから…」

「まだ…きつい…」

 

アヤト「…」

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

喫茶店:re

場面は変わり、一人で喫茶店のトーカの元を訪れる亜門。

亜門「…やっと会えたな ラビット」

その表情はどこか暗く、なにかを思うような雰囲気を醸し出している。

 

 

トーカ「席、どうぞ」

 

「それともつかまえに来た?」

カウンターに座った亜門。

亜門「…バッジがあればな」

「…一杯頼めるか?」

 

トーカ「あなたもブラックでいいんだよね」

「…行かなくていいの?」

 

「あの人 気が付いたみたいだけど」

 

亜門「…怖いんだ」

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

亜門「人でも “喰種” でもないなにかになってしまった…」

 

「そして…アイツになにも告げずにさまよい続けた」

「生きているか死んでいるかも伝えないまま…」

 

「ー今更 言葉が見つからない…」

 

 

トーカ「亜門…クン」

 

「ー私も 真戸アキラと話したい」

 

亜門「ー…!」

トーカ「…でも怖い」

 

「真戸アキラの父親を…あなたの上司を◯したのは私だから」

 

「私は…」

静かにカップのコーヒーが注がれていく。

 

トーカ「あなたが会ってからじゃないと怖くて行けない」

「…会っちゃいけないのかもしれない」

 

亜門「ーラビット」

「ー真戸さんを失った痛み…怒りはある… 死ぬまで消えない炎が」

 

「だがそれはお前に対してじゃない」

「俺たちがそうせざるを得なかった…この世界に対してだ」

 

亜門「少なくともいまはそう考えている」

「今日は…君にそれを言いたかった」

 

トーカ「…」

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

トーカ「…ねえ 会いたかった?」

カウンターに肘をつき やや顔を近づけるトーカ

 

亜門「??…」

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

トーカ「ふらふらフラついてる間、会いたかったの?真戸アキラに」

亜門「…」

 

「(ーアキラ…)」

回想『ー亜門上等 君の文章構成における不要要素を二十二箇所発見したぞ 感謝したまえー』

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

亜門「…ああ」

 

トーカ「ーじゃあいいじゃん 行けば」

 

「…私だったら よろこぶと思う」

 

トーカ「時間が空いても どんな身体になっても」

「…私のこと忘れちゃったとしても…」

 

「帰ってきてくれれば それでいい」

 

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

亜門「…」

静かにコーヒーを口に運ぶ亜門。

 

亜門「やさしいんだな きみは」

 

トーカ「まあね」

 

CCG

ナレーション『ー真戸アキラの覚醒により “黒山羊” の面々の心が揺れ動く一方で、

CCG局内は “和修政” 局長代理の “所在不明” により大きな変動を迎えていた…』

 

S2班班長 瓜江久生(上等)

局長補佐 宇井郡(特等)

S3班班長 鈴屋什造(特等)

S1班班長 田中丸望元(特等)

 

映し出されたCCGの式典では、捜査官が一同に集まっている様子が。

 

ナレーション『宇井郡は “和修新局長” の補佐としてS1班を離れ、代理として田中丸特等がS1班を指揮

空きになったS2班の指揮は 和修政の側近として班の内情を知り 実力も十二分として瓜江一等が大抜擢

彼の階級は急遽 “上等捜査官” へ繰り上げられた』

 

壇上にたつ宇井「ー陋劣なピエロ連中の襲撃により我々も多大な犠牲を払った」

「これより和修局長より新体制の発表がある…心して聞くように」

 

『ー和修一族が抹さつ…、そして和修政特等が行方不明となった現在…

局内に残る和修の血族は彼一人となった

旧多二福…改め “和修吉福(きちむら)”』

 

『”CCG最後の局長” と呼ばれる男』

 

東京喰種:re 117話 画バレ ネタバレ 感想 118話 ネタバレ予想

 

吉福「おはようございます」

宇井「は?(怒」

次回、東京喰種:re トーキョーグール 118 へ

 

東京喰種:re 117話 「親指たてる」の感想!118話のネタバレ予想は?!

ということで、遂に新章に突入した東京喰種:re117話・・・フルタさん、和修吉福(きちむら)となり、狙い通りの立場に慣れた訳ですが・・・最後のフザケタ格好・・・賛否両論ありそうですねwww

それにしても、『”CCG最後の局長” と呼ばれる男』という事は・・・次章がラストとなる可能性があるのか?それとも、CCGが壊滅するという展開となるのか?いずれにしても気になるキーワードであることは間違いありませんよね。

 

そして、遂に目覚めたアキラ。CCGから追放された身としては、黒山羊への加入しか生きる道は無さそうですが、、、ヒナミはトーカなど、受け入れに難色?を示しそうなメンバーをどうやって説得していくのかが焦点となりそう。

 

アキラといえば亜門さんとの対面も気になる所ではります。

亜門とトーカとのやり取りもかなり良い感じでしたね~、トーカちゃん、久しぶりの登場でヒロインっぷりを全面に出してくれて嬉しいですぞ!

が、最も気になったのが、カネキと亜門との会話が省略されてしまった事ではないでしょうか?(ネット上でも残念がる声が多数ありました!!)

だって、前話(116話)のラストでは亜門が目を覚まし、金木との久しぶりの対面を果たしていましたから。

>>116話の画バレ・ネタバレ・感想!

 

ですから、117話では、亜門とカネキの会話が繰り広げられると考えられていました。しかし・・・そのシーンは完全にカット・・・今後の回想シーンで描かれる可能性はありますが、ここで見たかった!というのが本音。

ただ、描かないのにはそれなりの理由があると考えています。その理由と言うのが、今後の展開において、ここでの亜門とカネキの会話が非常に重要だということ。(ネタバレになってしまうため、描けない理由がある。)

アオギリの樹からどうやって脱出したのか?彷徨っているいるときに一人で行動していたのか?などなど、きっとカネキと会話を繰り広げた可能性が高いと見ているんですが・・・その会話で確実に登場したと勘がえられるのが・・・スケアクロウの存在です。

 

スケアクロウと言えば・・・亜門との関係が明らかになっているキャラで、東京喰種:reの中で正体が判明していない謎に包まれているキャラの一人。そんなスケアクロウの正体については以下の記事で詳しく解説しています!

>>スケアクロウの正体が判明したぞ!ヒデ?亜門?

 

 

で、ですね!東京喰種:re117話で最も重要なポイントと言えば・・・政が所在不明となっているという衝撃的な事実です・・・。

前話では、全裸での戦闘シーンが描かれ、しかも全裸のまま切りまくられるという、いつも通りのキャラをつき通して笑いを誘ってくれた政さん。

まさか、所在不明、行方不明となってしまうとは・・・。一部の噂では退場してしまった?という声まで。

 

ただ、ハッキリと死亡したシーンが描かれていないこと、所在不明となっている点からも生存している可能性が非常に高いとみています!というか、いつも言っていますが、ウリエとの恋中、六月、カネキとの4角関係がはっきりするまでは退場してもらっては困るキャラですから!

という事で・・・政さんの行方や今後の展開について以下の考察記事で詳しく解説していますので是非チェックしてみてください!

>>政に死亡フラグ?丸手・ヒデと合流している可能性も・・・?

 

有馬貴将の知られざる過去が判明…!

39ef4c622c3a5d97969cd315c3690bc4-720x446

有馬貴将の知られざる過去って…?

 

東京喰種:re ねたばれ・考察一覧