【東京喰種:re】116話の画バレ・ネタバレ・感想!117話のネタバレ予想は!?

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

マンナビ管理人のナビゾウです!いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

東京喰種:re 116話の画バレ・ネタバレ・感想になります!ラボ勢全員、政さんの生存が確定!そして・・・元特等である丸手がシレッと登場し噂通り生きていました!ウリエ、六月も生き残り、ピエロであるウタ・ドナートの気になる発言も・・・。そして!亜門が黒山羊でアジトに到着し、遂に会話出来る状態でカネキの前へ・・・。

 


東京喰種:re 116話 「いつかの夢」の画バレ・ネタバレ・あらすじ

 

冒頭は 引き続き頭部を貫かれた政のシーンから始まる。

政「ーえっ」

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

「(ー謎)」

 

 

「(ーこたえ)」

 

「( ” V ” )」

即座に振り返りながらも、背後にいたVの一人を視認した政。

 

「(投っ)」

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

 

効果音(ドォッ)

 

投げつけた政は、そのまま頭部を一刀にて断つ。

政「ー!」

 

「(ー V )」

 

ニコ「んもう 野暮ね〜」

「(ーピエロ)」

「( “CCG” …)」

 

周囲のメンツに視線をおくる政。

 

その視線に気づきそちらを見やる一般の捜査官たち…。

捜査官「そういうことか…」

 

政「ーScheisse」

 

「(恋は盲目ー)」

そういうと、口元のチをぺろりとなめる。

 

「(すなわち俺)」

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

 

「(ーなんにも怖くないよ? 無敵!!!! )」

 

 

政「(ーここで負けてお前に逢えなくなる…その方がずっと怖いじゃんー)」

 

V、ピエロ、一般捜査官までを仕留めていく政。

政「(ー戦いのあと欲情してしまうのはなぜ…?)」ムラムラ

「(不思議)」

 

政「むふぅ…むふぅ…」

 

効果音(ザッ)

 

政「(…!来たか…)」

 

「…旧多の差し金だな」

「介子」

現れた介子。

 

介子「…和修の血が邪魔でな 死ね、政」ニチャ

 

政「…ナメるな」

 

「ー修羅場なら斬り抜けるまでだ」

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

その後…政はメチャメチャに斬られてしまう。

 

丸手「〜おぞましいモンみちまったな…」

「…にしてもこんなことならアイツが跡を継いだ方がまだマシだったのかもな…」

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

場面は変わり、担架の上で体を起こす髭丸の姿。

髭丸「ツッ…」

「…瓜江さんは…」

シャオ「無事だ お前は自分の身体の心配をしろー」

負傷した現場にて救護班の世話になっている様子である。

 

髭丸「悪いねシャオ…」

「才子さんはスゲぇや」

「…あのまま戦線の援護に向かっちゃうなんて…」

 

その場から出て行き救援に向かった才子が、あの赫子を使っている様子も。

 

そして、地面に寝転んだままの状態で上を見つめている瓜江。

瓜江「…」

 

「(ー米林…)」ポー..

 

「(ー六月…)」ズキッ

 

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

「(なんだ、この感情は…)」

 

 

効果音(パサッ)

さらに場面は変わって六月と晋三平の姿。

 

六月へ上着を後ろからかけつつ、晋三平が声をかける。

 

晋三平「…なにも見てませんから」

 

「ー俺は…殺せればいい」

 

「佐々木琲世を…」

 

スッと立ち上がる六月。

六月「…安浦くん」

 

 

「ーじゃあ…殺そ?」

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

またもや場面は変わり、どこか建設中のビルの屋上にいるウタとドナート。

ウタ「ーまたピアスが増えるや」

「…あなたは指?」

 

ドナート「ああ」

 

 

ウタ「…ゾクゾクしますね 人が変わる瞬間に立ち会えるの」

 

「なにが起こるかわからないスイッチ ーを、自分の指で押す感覚」

「次の瞬間ぼくごとなくなるかもしれない」

 

ドナート「空恐ろしいな」

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

ウタ「ー所詮 “爪弾きもの(のけもの)” ですからね」

 

 

「関わっていたいんです 寂しいから」

「貴方もでしょう?」

 

ドナート「私は」

「お前ほど感傷的じゃないよ」

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

錦や月山たちもどうやら決着がついた様子。

「ーハァ…ハァ…」

月山「なんとかなるものだねェ…」

ニシキ「…ゲロ吐きそーだけどな」

 

承正は上着がボロボロになっている。

承正「スーツがおしゃかですね」

 

ナキ「いいことじゃねえか」

承正「…?」

 

入見「片付いたわね」

平子「Vとピエロはな」

 

ミザ「反応どうだ?」

ヒナミ「…!」

 

「くる…」

 

効果音(ザッ)

そこへ姿を見せたのはカネキ、アヤトの二人。

カネキ「ー引き上げましょう」

 

安堵した表情で返す仲間たち。

 

『ー突如現れ、ピエロたちと一戦を交えた “黒山羊(ゴート)” を名乗る喰種集団』

『その歪な存在感は “CCG” 一部の脳裏に刻み込まれた』

『そして…』

 

『”喰種”・”CCG” 双方において一人歩きしていた “隻眼の王” の存在が』

『ゆっくりと輪郭を帯び始めていた』

 

ナレーション(…一方…)

 

場面はCCG本局を映し出す。

捜査官「ー襲撃された全区域において…ピエロ集団が鎮圧されたことを確認しました…」

静まりながらも一斉に捜査官たちの視線は旧多の方へ。

 

視線を集める捜査官達「旧多一等…」

 

深く頭をさげる旧多「…..」

 

「ー皆さんのおかげです ありがとう…ございましたっ」

ガタガタと体を震わせている様子の旧多。

 

拍手(パチパチパチパチパチ)

拍手をおくる捜査官達「ーよくやったぞ!」「ー旧多!」

 

 

『…整っていた。』

『旧多二福が望むものを手にする準備が整っていた。』

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

そして、アキラについても、Rc抑制剤によって無事に施術されている様子が。

 

大環アクトの黒髪「ー抑制剤のおかげでスムーズに施術が出来ました」

「あとはゆっくりご自身の力で回復するのを待つのみ…」

「華奢な身体で凄まじい生命力ですよ」

「さすが捜査官というべきか…」

 

小倉「ー我々はこれからも水面下で活動を続けます」

「 “喰種の権利” がこの社会に生まれることを願って」

 

「ー応援していますよ」

 

『ーどんなときも』

「”黒山羊” と… “隻眼の王” を」

『理解を示してくれる他者はいるものだ。」

 

ベッドの側に立つカネキ「アキラさん…」

「(良かった本当に…)」

 

 

「ーお久しぶりですね」

 

 

「亜門さん」

 

東京喰種:re 116話 画バレ ネタバレ 感想 117話 ネタバレ予想

 

亜門「…眼帯。」

 

 

次回、東京喰種:re トーキョーグール 117 へ

東京喰種:re 116話 「いつかの夢」の感想!117話のネタバレ予想は?!

はい!東京喰種:re116話の画バレ・あらすじということでお伝えしましたが…今回も盛りだくさん、突っ込みどころ満載!そして考察しがいのある内容となっていましたね♪

いやーここまで次から次へとネタを提供してくれる漫画もそうそうないでしょうから、本当にスイ先生には感謝!毎週推理しているだけでワクワクが止まりませんよ!マジで。

 

まずは冒頭から登場した政さん、頭部に日本刀が突き刺さった状態でラストを迎えた全話115話。まさか…政さんが死亡なのか????と騒然としましたが、頭部を刺された政の正体はピエロということで、政さん本人は生存!

今回も全裸での戦闘シーンを繰り広げ、相変わらずの立ち位置を確立してくれましたwww

やっぱり、ウリエ、六月、カネキ、政という奇跡のトライアングル4角関係を解決するまでは、政さんに退場してもらっては困りますからね!今後もお笑い要因…(間違えた!)として頑張ってもらいたいキャラの一人です!

 

そして、そんな全裸で暴れまわる政を影から見つめていた熱い視線は…丸手さんでしたね!

生存していることは当サイトでも予想していましたし、ほぼ確定していた事実ではありますが、ようやくちゃんと登場してきてくれた訳です。

となると…丸手と繋がりが噂されている…あの重要人物の登場も近々…?

>>丸手とヒデの関係が発覚したぞ!

 

さらに、六月の前に姿を現した安浦。佐々木=カネキへの恨みは相当なものですね…。それにしても…ウタの生存も確認された今…六月が合体していたのは一体誰?何者だったのでしょうか…?

ウリエ、六月、政、佐々木の恋の行方…に安浦も参戦となるのでしょうか?

 

ウタどドナートの会話も気になる所ですし、フルタの思惑通りにことが進んでいるので、CCGを掌握する日も近いのでしょうか?ただ…これってカネキが思い描いていたストリーでもあるので、今後の展開が気になります!

 

さらに・さらに!亜門さんの復活が確認されて、カネキと会話ができる状態に!果たしてどんな会話を繰り広げるのか?この流れだと、黒山羊入り確定か?

 

そして最後ん、116話で一番気になったシーンについて。それは、大環アクトの小倉が語った「”黒山羊” と… “隻眼の王” を」のメッセージ。

なぜ、黒山羊と赤眼の王を別にわざわざ語ったのでしょうか?

ご存知の通りですが、赤眼の王=カネキであり、黒山羊の創設者はカネキであるため、黒山羊の中にカネキが含まれていると考えるのが通常。

 

にも関わらず、ワザワザ分けて語ったということは…赤眼の王が別にいる、という伏線ではないでしょうか?

そう、以前から噂があり、当サイトでも考察しているあの男の存在を示唆しているのではないかと見ています。

>>隻眼の王は二人いるのか?カネキとヒデは仲間になる?(準備中…。)

 

丸手の生存が確定、亜門が自我を取り戻してカネキとの会話ができる状態となった今、二人との関係が明らかになっているヒデが今後登場する可能性、そして赤眼の王である可能性が高いのではないでしょうか?

 

流島のように、かなり長期的な戦いに突入すると考えられていたラボ編と本局でのピエロ作戦。思ったよりも早めの決着となりました。(少し無理矢理決着つけた感も否めなくて、ごちゃごちゃしてしまったイメージもありますが、まぁいいです。)

何より、亜門、滝澤、クロナ、ジューゾー、ウリエなど、死亡フラグがたった感じもしたメンバーが全員生存していたのはメチャメチャ嬉しい事実。

 

次号から新章が開始するでしょうから、楽しみに待ちたいと思います♪

 

 

有馬貴将の知られざる過去が判明…!

39ef4c622c3a5d97969cd315c3690bc4-720x446

有馬貴将の知られざる過去って…?

 

東京喰種:re ねたばれ・考察一覧