【テラフォーマーズ新章】40話のネタバレでローマ連邦の過去とジョセフの思惑が明らかに!?

テラフォーマーズ新章 40話 ネタバレ ローマ連邦 過去 ジョセフ

 

前回39話で遂に登場しかけていたジョセフが、今回40話にて登場してきました!

 

ジョセフの目的が何なのか、前回の記事で考察しようとしたのに上手くできませんでした・・・。

しかし今回、そんなジョセフとローマ連邦の関わりについてその片鱗が見えてきます。

そして同時進行で中国の方にも動きが出て来ました。

 

囚われた小町小吉を救出に行った人物とはいったい…!?

 


ルーク大統領の会話相手はジョセフだった!

テラフォーマーズ新章 40話 ネタバレ ローマ連邦 過去 ジョセフ

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/category/22656542-1.html

 

結構前になりますが、新章31話にてルーク大統領が通信で誰かと話しているシーンがありました。

 

インヴォーカーが日本に狙いを定めた件について話していましたが、記事の方では会話相手はぺトラ首相ではないかと予想していました。

しかし今回、その会話相手が明らかになります。

 

会議室を出た後の廊下、シャンデリアが映し出されているシーンでルーク大統領の会話が31話の時の続きとして始まります。

ルーク「……

『何故〈祈る者(インヴォーカー)〉は日本に狙いを定めたのか』…か…

宗教の感覚を持つテラフォーマーだから歴史の深い地に惹かれるのか?

…違うな

”風水上完璧”?

それは確かにそうらしいが……

風水とはそもそも”城(軍事拠点)をどこに作るか”を考えるために発達した学問

ならばニワトリが先か卵が先か

完璧な地にはヒトを守る条件(ちから)がありヒトがそこを目指すのは必然なのだ

我々地球人(にんげん)のほとんどは”ゴキブリとは違う”

『今年2歳になる自分の娘』と

『地球の反対側の国に住んでいる知らないおじさん』の”命の価値”が…

どうしたって『同じ』とは言い切れない

…”同じではないのだから”!!

『ここにある城には自分の味方を住まわせてやりたい』

たまたまそういう地理(ばしょ)に在る

この様な場所は何も日本だけではない

現代の地名で言う『山壌(サンカン)』『グランメキシコ』『インド』『タイ王国』『エジプト』『イスラエル』そして『ローマ連邦』………

いずれも大国家が栄えそれぞれの教えの中で『聖地』とされている

これは偶然ではない

だから〈祈る者(インヴォーカー)〉は日本を目指し

あんたは”ローマ連邦を創った”

それが王の責務」

そう言った背景には王とされるインヴォーカー、そしてジョセフがいます。

そしてルーク大統領の言葉にジョセフが答えます。

ジョセフ「……まぁ

そんな所だ

〈祈る者(かれ)〉が到着し次第

日本での戦闘を一段落”つかせる”

そうしたらいよいよだ

忙しくなるぞ……」

少々ルーク大統領の話が長くなっていますが、その会話相手がジョセフだということが判明しました。

この事から、ルーク大統領は米中の共闘の仲介役になる事。

 

ジョセフはインヴォーカー率いるテラフォーマーを地球(日本)に呼んで戦争を起こさせる事が目的だったとわかります。

 

地球に呼ぶ事がジョセフの目的であって、その中で戦地を日本とする事を目的としているのは中国なのでスニーカーズとして共通の目的がニュートン家と中国でそこにあったのだとわかります。

気になる点はルーク大統領の発言、王の責務と言っているところですね。

 

ここからローマ連邦とニュートン家の目的についてもっと探って行こうと思います。

 


ジョセフの真の目的はいったい…?

テラフォーマーズ新章 40話 ネタバレ ローマ連邦 過去 ジョセフ

出典:http://bakukon.blog113.fc2.com/page-8.html

 

ローマとジョセフの関係性ですが、ローマ連邦という国家のためにニュートン家があるのではなくてニュートン家の何等かの目的のために創られた国家がローマ連邦だということですね。

 

どちらにしてもルーク大統領もニュートン家の目的のために動いている様子なので、ニュートン家の目的=ローマ連邦の目的と考えて間違いなさそうです。

まず今後ジョセフが何かを行うきっかけの一つが、インヴォーカーが日本に到着する事です。

 

そこからジョセフ率いるニュートン家とローマ連邦が動き出します。

 

問題はそのジョセフの真の目的が何なのかってところですね。

 

ローマ連邦という国家の中で仮に王と呼ばれるようなポジションに居て、そのポジションであるからこそ行うべき事だと読み取れますが、そこからがわかりません…。

 

地球人という大きなサイドから現状を見ていくと、前回の終盤で舜が染矢に言っていたことがあります。

 

舜「早よせんと”人間(ワシら)の技術”を………

最悪の型で”盗われる”かも知れんぞ…!!」

 

舜がこの様に言っているのですが、ジョセフの目的までの過程の一つにテラフォーマーによる日本列島の制圧がありそうです。

 

ですがそれが成されてしまったら、ジョセフにとっても人間として対テラフォーマーで考えれば非常に不利になってしまいます。

ここから少し、ジョセフの目的について予想していきます。

 

もし仮に、今後もモザイクオーガンが必要になってくる世界にシフトしていくとします。

戦争は人間間でも頻繁に行われますし、その際に手術を受けた人間(兵)がいればその国は戦争で非常に有利になるからですね。

 

また戦争に限らず、風邪村のように難病に対する治療方法として栄える可能性もあります。

 

アメリカは失敗しましたが、ジョセフ率いるローマ連邦ならモザイクオーガンで大きなイノベーションを生むことができるかもしれません。

そうなってくると必要になるのは、モザイクオーガンを大量生産できる環境ではないでしょうか?

 

つまり、テラフォーマーを地球のどこかにずっと住まわせてあげるという事です。

 

それが可能になればわざわざモザイクオーガンを確保するために火星に行く必要が無くなります。

そしてその場所として選ばれたのが日本だったら…?

 

現状に何とか当てはまる筋ではないでしょうか。

 

こうなったとすれば、最終的にはニュートン家(完璧な人類)が台頭する世界の完成です。

軍事的にも経済的にもニュートン家(ローマ連邦)が頂点に立つ世界ですね。

 

ここから今度は中国の目的についても考察していきます。

 

中国の目的はローマとぶつからないのか!?

テラフォーマーズ新章 40話 ネタバレ ローマ連邦 過去 ジョセフ

出典:http://comicbob.blog.fc2.com/blog-category-52.html

 

今まで登場している中だけでは中国から雷博士、ローマからニュートン家のファティマがスニーカーズとしてインヴォーカーと手を結んでいました。

 

互いの目的の一歩手前までの過程が同じだからそこまでは手を取り合う協定の様です。

 

そして恐らくスニーカーズとして機能するのは日本列島がテラフォーマーの手に落ちる頃ではないでしょうか?

テラフォーマーの目的は何も日本だけを落とす訳ではないでしょう。

 

問題は中国の目的ですね。

 

以前の記事でも書きましたが、中国はハーフテラフォーマーを作っていてそのハーフテラフォーマーを軍事利用することが目的なのではないかと個人的に予想しています。

もちろんここにも必要になってくるのは、モザイクオーガンが安定的に生産できる環境ですね。

 

自国が世界を台頭するという点を除けば、概ね中国とローマは同じ目的なのだとわかります。(あくまで個人的な予想です)

 

だとすれば絶対に中国とローマはぶつかる事でしょう…。

 

もし本当に中国の目的が上記だとして、その過程が現在という事になるのですが、中国は今回40話で蛭間総理を捕らえる事になりそうですね。

 

 

そして凱は”このタイミングで”と言っています。

 

いつか捕らえるつもりだったのか、だからこそ北京でインヴォーカーの中継を行っている際に燈くんと並んで蛭間総理の写真があったのでしょうか…。

 

次回以降の展開によって、あのインヴォーカーの中継での写真の意味も分かる事になるのでしょうけれども、何より半年近い休載が残念ですね…。

 

ここの展開で気になるのは今回の日向とダン中尉の会話ですね。

 

日向「普通ならこんなのは完全に罠……

”彼”が無事に戻って来る訳がない

米軍の許可も下りなかっただろう

だがもしあの話が本当だとしたら…

こちらにも得るものはある

行かざるを得まい…」

 

手紙には何か他に書かれている事があったのでしょうか?

 

日米にとっても有利に働く事があって、それは後数時間で任期が終わるんだとしても現日本の内閣総理大臣である蛭間一郎を失ってでも欲しいものなのでしょうか?

 

もしそうだとしたら、きっと大きな情報なのでしょう。

考え得る内容としては、ジョセフの目的の暴露とかではないでしょうか。

 

日米としては今回の戦争の真意を知ることが出来ます。

 

それは非常に大きな収穫です。

 

しかしながらその犠牲が蛭間一郎ですか…。

小町小吉がしっかり帰ってくるかも分かりませんし、大分リスキーな取引をしている様です。

 

半年後の休載明けの展開を待つ事にしましょう。

 

最後に

ジョセフを王とするローマ連邦という国家の思惑、そして中国と日米との展開、休載前としては妥当な惹きつけのある展開だという感想です。

蛭間一郎は米軍に連れられて中国まで来ているんですよね?

 

だからダン中尉や日向等のカリフォルニア勢がいますが、燈くんやミッシェルさんの展開が無いのはどういう事なのでしょう。

 

もう何話も主人公を置き去りにするなんて、色々な意味でとんでもない漫画ですね。

連載再開についてはヤングジャンプ本誌や公式Twitter等で公開される様なので逐一情報はチェックしておく様にしておきましょう。

以上、テラフォーマーズ新章40話のネタバレと感想でした。

>>テラフォーマーズの記事一覧はコチラ