【テラフォーマーズ新章】39話のネタバレでニュートン家とテラフォーマーの狙いについて考察!

テラフォーマーズ新章 39話 ネタバレ ニュートン家 テラフォーマー

 

今回39話で遂にサムライソードは舜の力を借りて武道着テラフォーマーを倒しました!!

サムライソードは口調も大分いかつい感じになっていましたが…。

 

終わった戦いはさておき、ここから気になる事は遂に登場してきたジョセフの存在です。

 

ニュートン家は、地球編に突入してからファティマがスニーカーズとして登場しているのみであり、金姫なども居ましたが肝心のジョセフ本人がまともに登場していませんでした。

 

39話の終盤にジョセフと思える人物が話しているのですが、それと同時にテラフォーマーにも新たな動きが起こりそうな感じです。

ニュートン家は、そしてテラフォーマーの目的は何なのか考察していこうと思います。

 


ジョセフ率いるニュートン家の目的は完璧な人類なのか?

テラフォーマーズ新章 39話 ネタバレ ニュートン家 テラフォーマー

出典:http://festy.jp/web/posts/4186

 

ニュートン家と言えば、人間を品種改良している様な一族であり、ジョセフ自身は既に完成形に近い者です。

 

どういう事なのか未だはっきりしていませんが、例えとして人間は潜在能力の30%しか使いこなせていないとよく言います。

それを100%使いこなせて尚且つ基本スペックである本体、加えて容姿の美しさまでも完璧と呼べる物にまで仕上げることが目的なのだと思います。

 

今までのテラフォーマーズを読んでいると、ここまでがニュートン家の、ジョセフの本当の目的だろうとわかります。

火星に行ったことの本当の意味はプラナリアの能力を安全に獲得することとミッシェルさんを手中に収めることだったと思いますが、今回の地球でジョセフは何を成そうとしているのでしょうか?

 

おそらくヘリの中にいるであろうジョセフの今回の発言は以下の通りになります。

ジョセフ「……

テラフォーマーの軍勢と……

世界中から駆けつけた人間の軍勢が

”拮抗し始めた”

意外だな……

”こうなる”までに この5倍は被害が出ると思っていたが…

自衛隊の出足が異常に早かったのと

和歌山県と静岡県で相当な数のゴキブリが殺られたせいか…

やるじゃないか…

流石…”完璧に守られた地”だけはある

だが”彼ら”とて

単に中国人に言われるまま殴り合いをしに来た訳ではあるまい……」

そう言った後に舜が焦って染矢に連絡を取っています。

舜はこの話を聞いていたのでしょうか?

 

そしてジョセフの本当の目的とは、単に完璧な人間を作ることだけなのでしょうか?

ニュートン家の人脈を考えれば、今更世界征服なんて考える必要もありません。

 

どちらかと言えばもっと個人的な、それこそミッシェルさんのような女性に囲まれた一夫多妻を築きたいとかそんな感じじゃないかと…。

仮に、ニュートン家そしてジョセフの本当の目的が今まで通りに完璧な人類を作ることだとして、その事が今回の戦争とどう絡んでくるのでしょうか?

 

ニュートン家もやはり大量のサンプル(モザイクオーガン)が欲しいということでしょうか?

そういえばジョセフの先代は日本で今回のような戦争が起きることを事前に予知していました。

 

となると、ジョセフは一族の目的のために動いているということになりますね。

だとすればもうミッシェルさんは関係ないでしょう…。

 

ミッシェルさんと言うと、火星編でジョセフの回想シーンの時、”一人目のミッシェル”と言っていました。

名前に惹かれる性格なのか、たまたまミッシェルという名前に綺麗な人が多いだけなのか…。

 

やはりまだ現段階では上手く予想が付きません。

とりあえず、個人的な感情ではなく一族の目的のために動いている可能性の方が大きそうです。

 


テラフォーマーはいったい地球をどうするつもりなのか…?

テラフォーマーズ新章 39話 ネタバレ ニュートン家 テラフォーマー

出典:https://matome.naver.jp/odai/2141744409578392301

 

今度はテラフォーマーについてになります。

地球編が始まった段階では、人間大と化したテラフォーマーと人類はぶつかる事となると言っていましたが、要は地球を人類から奪い取ろうとしている訳ですね。

 

それも、普通に腕力や俊敏性だけなら圧倒的にテラフォーマーの方が上回っているにも関わらず、頭を使って戦略的に乗っ取りに来ています。

この点に変わりは無いと思うので、気になるのはその過程ですね。

 

東京が襲われた時、電波塔の護衛は染矢がしていましたがその時にテラフォーマーは一時的に電波塔をジャックした後に東京を完全に制圧、そして制圧完了したら設備はそのまま利用するつもりでいました。

 

分かりづらいかもしれませんが、全体的にこれと同様だということになりますね。

つまりゴキブリであっても裕福で高水準の生活がしたいのだと…。

 

そのための東京制圧が失敗、そしてスニーカーズに唆されたテラフォーマー達は本格的に行動に移しました。

それが今回の日本列島で行われている対テラフォーマー大戦なのですが、最終的には世界中の人類を制圧することが目的だとして、先程も言ったようにその過程はどんなものなのでしょう。

 

最終ページの舜の発言が以下の通りになります。

舜「急げ龍っつん…!!

ゴキブリ(ヤツら)の狙いは”正面突破” ”だけやない”

早よせんと”人間(ワシら)の技術”を…………

最悪の型で”盗われる”かも知れんぞ…!!」

人間の技術、そして奪われたら特に困るものとはなんでしょう。

 

これは日本にあるものって考えて良いですね。

天異変態の技術でしょうか?

 

前のページではインヴォーカーが中継に映っていたシーンも描かれています。

 

あの時に提示していた蛭間総理と燈くんの写真の意味がもうすぐわかるということなのでしょうか?

テラフォーマーの狙いが膝丸燈かもしれないとも考えましたが、未だカリフォルニアにいる燈くんは関係ないでしょう。

 

正面突破の方は、先程少し話した電波塔でのことですね。

電波塔をジャック、国会等の拠点を制圧した後に民間人を各個撃破していくのが正面突破でしょう。

 

そしてもう一つの狙いは、この正面突破が成功した場合はそのまま獲られる物だと思います。

しかし失敗してしまった時のことも考えて、ダイレクトにそちらを狙う作戦も考えていたということなのでしょう。

 

こう考えると、今更人為変態のサンプルが欲しかったり天異変態のサンプルが欲しいって訳では無さそうですね。

それが欲しいのであれば、前線で倒した誰か一人を持ち帰れば済みますから。

 

染矢はバイクで急いで向かっている様子ですが、その前までは舜と共に東京に居ました。

なので多少急いで向かって行ける距離ということもわかります。

しかしながらこれ以上考えても、現段階で予想することは難しそうです…。

 

最後に

テラフォーマーズ新章 39話 ネタバレ ニュートン家 テラフォーマー

出典:http://comicbob.blog.fc2.com/blog-category-52.html

 

ニュートン家の目的もテラフォーマーの狙いも、断定的な答えが出せずに終わってしまいました。

 

ルーク大統領も一緒に映っていましたが、ニュートン家のみで動いているのかローマ連邦も加わっているのか気になるところです。

今後はローマ自体がはっきり敵国になることも有り得ますから…。

 

中国がインヴォーカー越しに戦争を起こさせたことは前から判明していたことなのですが、そこから考えると中国の目的は大きく二つあったのではないでしょうか?

 

一つは、世界を台頭する国家であるアメリカとの直接戦争を避けること。

もう一つは、よその国で戦争が始まり、自国への被害が少ない状況でモザイクオーガンだけを大量に確保するという、それこそ横取り、スニーカーズのような行為でしょう。

 

この二つが中国の大きな二つの目的だと思います。

ここからニュートン家やテラフォーマーの狙いに結び付けば良いのですが、それが難しいです…。

 

今後もテラフォーマーズに何か動きがあり次第、逐一情報を更新していこうと思います。

以上、テラフォーマーズ新章39話のネタバレと感想でした。

 

>>テラフォーマーズの記事一覧はコチラ