テラフォーマーズ新章38話のネタバレで武道着テラフォーマーのベースと日本各地の護衛状況が?!

テラフォーマーズ 新章38話 ネタバレ 武道着 テラフォーマー ベース

マンナビ管理人のナビゾウです!いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

テラフォーマーズ新章38話ネタバレで武道着テラフォーマーのベースと日本各地の護衛状況がとんでもない展開を迎えました…。

ジャパン・ランキングの活躍が大きく目だった回にもなっているようですが…。


 

はじめに

はじめに

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/article/444614231.html

房総半島で護衛をしていたサムライソードがオニヤンマ型テラフォーマーを駆逐した後に登場した謎の武道着テラフォーマー。

今回そのテラフォーマーのベースが判明しました。

加えて、少しだけ垣間見えたサムライソードの過去。

また日本列島では東海道を始め、房総、紀伊と一警護が護衛していた拠点から次々テラフォーマーが消えていきます。

現在の日本の様子とこれからの展開について、予想して行こうと思います。

 


武道着テラフォーマーは鱗船霊貝!?

武道着テラフォーマーは鱗船霊貝!?

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/article/444614231.html

聞き慣れない名前の貝ですが、足の部分、つまり身の部分が金属の鱗で覆われている貝と説明が入っています。

という事は背中にあるのは貝の部分なんですね。

その前のシーンでは、南極で鉄分サプリを摂取しているシーンがありました。

そしてこの武道着テラフォーマー、戦闘の合間にサプリらしき物を摂取しています。

より一層硬くというよりか、それを摂取しないと維持できないのでしょうか?

このテラフォーマーに関しては色々と考察してきましたが、鮫である可能性が大きいと個人的には思っていたので外れてしまい残念です。

終盤、武道着テラフォーマーは舜によって倒されるのですが、サムライソードの刀よりも舜の専用武器の方が硬いということなのでしょうか?

舜の事とジャパン・ランキング詳細については別の記事で紹介していきますが、とりあえず東海道に続き房総半島も大丈夫のようです。

そういえばテラフォーマーは九州や四国から順に攻め入ってきましたが、そっちの方は誰も向かっていません。

未だ登場していないジャパン・ランキングのメンバーの誰かが既に九州方面に向かっているのでしょうか?

だとすれば今後のテラフォーマーズ、新キャラクターがまだまだ登場してきて正確なジャパン・ランキングが明らかになる日が近いでしょう。

 

紀伊半島は盛り返したが…!?

紀伊半島は盛り返したが…!?

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/article/444614231.html

紀伊半島を中心に押され始めていた日本列島ですが、過剰変態した風邪村一樹によってテラフォーマーを押し返しました。

とはいえ風邪村、過剰変態する意味があったのでしょうか?

確かに力士型テラフォーマーは強敵でしたが、結局変態が解けてから弓矢で倒しています。

その他のオニヤンマ型テラフォーマーについても同様に変態が解けた後の弓矢ですね。

持ち前の基礎筋力の強さがあるから、変態していなくても弓矢でテラフォーマーを倒せたということなのでしょう。

だとしたらやはり、過剰変態する必要感じないですよね…。

そこのところが少し疑問だったのですが、もう一つ気になるのはヘリですね。

紀伊半島からテラフォーマーが散っていく様を見て、ヘリは舌打ちをして撤退していきました。

現在の日本は各国にとって良い猟場になっています。

各国のU-NASA支局や研究所が欲しいのは、後はサンプルのみといった状況なので当然ですね。

今日本で勃発している地球VS火星の戦争、これが終わってもまだ従来からある国家間の争いが続くということでしょうか。

 

ローマや中国は今何してる…?

ローマや中国は今何してる…?

出典:http://manga-navi.info/archives/2610

テラフォーマーズ内の各国情勢において特に気になるのは中国とローマでしょう。

中国は元祖裏切り国家ですし、その背景でひっそり自身の目的を達成しようとしていたのはローマですから…。

今回、鱗船霊貝ベースのテラフォーマーが登場していますが、鉄分摂取に使っているサプリを確保していた場所は南極でした。

南極にある中国の調査隊の拠点の跡地ですね。

インヴォーカーの事と言い、中国はテラフォーマーの手引きをしているのは明白です。

そんな中国がしているだろう研究、ハーフテラフォーマーですね。

人工島に米軍が介入した時には女性のハーフテラフォーマーがいましたし、草間朝太郎がインヴォーカーに追いついた時には孫政富と赤ん坊のハーフテラフォーマーがいました。

以前の記事でハーフテラフォーマーは混血種ではないかと言いました。

つまり、簡単に言うと本当に人間とテラフォーマーのハーフだということです。

そして中国は現在、小町小吉を有しています。

小町小吉はただの戦力、もしくはバグズ手術のサンプルとして必要なのでしょうが、最大の活用方法はセカンド(膝丸燈)との交換材料でしょう。

M.O.手術の成功率アップのためにセカンドが必要なのでしょうが、それとハーフテラフォーマーの関連はあるのでしょうか?

もしあるとしたら、中国はセカンド獲得後にハーフテラフォーマーの量産に成功することでしょう。

赤ん坊のハーフテラフォーマーがそうだったように、幼い時から成人男性の首を捻じ曲げるかなりの戦闘力です。

そして孫がそうだったように、普通の人間よりも頭が良いです。

ニュートン家程ではありませんが、完全ではなくても高水準の軍隊、人間が出来上がります。

ニュートン家と言えば、中国の最終的な目標はニュートン家を超える国家作りでしょうか?

そしてそんなジョセフがいるローマ、最近のテラフォーマーズは日本での動きばかりで各国の事情が全然進みません。

地球編の新章に突入してからジョセフに何も動きが無いことが気がかりです。

現在のテラフォーマーズ新章は日本列島での対テラフォーマー大戦が行われていますが、世界での共闘が実現した時にミサイルが飛んできたシーン、共通語(英語)で街中に声が響きましたがあれは結局誰だったのでしょうか?

テラフォーマーズ新章での各国の動き、これからも目が離せません。

 

まとめ

たまたまテラフォーマー達が南極で中国調査団の跡地を使っていただけなら良いのですが、もし中国がそこまでテラフォーマーに手引きをしているのであれば、結果的にはジャパン・ランキングと一警護にがっつり牙向けていますね。

 

そして続々と出て来る新しいテラフォーマー、彼ら自身でそういった生物を見つけてはその度に手術している事も考えられますが、手術のベースとなる生物の提供すらも中国やローマがやっている可能性もありますね。

今回の話とは全然関係ないのですが、火星編で鬼塚慶次達が中国に乗っ取られたアネックスに入った時、敵のテラフォーマーにラーテルベースのテラフォーマーがいました。

 

あれってアネックスクルーの中にラーテルベースが居たことになりますよね?

そんなベースのクルーがあっさりやられてしまうのでしょうか?

 

有り得るとしたら、きっと6班に居てジョセフに燃やされた中の一人でしょう。

 

何でこんなベースのテラフォーマーがいるんだ…ってところから少々話が脱線してしまいましたが、休載明けのテラフォーマーズはジャパン・ランキングの活躍が大きく目立つ回でした。

 

次回は高橋舜の活躍がメインになることでしょう!

以上、テラフォーマーズ新章38話のネタバレと考察でした。

 

>>テラフォーマーズの記事一覧はコチラ