【東京喰種:re】111話の画バレ・ネタバレ・感想!112話のネタバレ予想は!?

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

マンナビ管理人のナビゾウです!いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

東京喰種:re 111話の画バレ・ネタバレ・感想になります!亜門の喰種化には嘉納・エトが関わっていた事、そしてスケアクロウとの出会いが描かれました!スケアクロウの正体・・・ウリエのフレームアウトで完全喰種化で才子・シャオはウリエを救う事は出来るのでしょうか?

 


東京喰種:re 111話 「集合P」の画バレ・ネタバレ・あらすじ

回想〜嘉納・エト〜

「OWL」との表記がならぶカプセルの前に立つ嘉納・エトの姿が冒頭は映し出されている。

嘉納『ー亜門鋼太朗』

『上等捜査官として数多くの功績を上げてきた 若手の最注目株か』

 

エト『…元ねー』

嘉納『仕上がりが楽しみだー』

 

亜門『ー俺は…』

見覚えのない一室で目を覚ました様子の亜門。

その室内は、以前滝澤が同じように目を覚ました部屋と同じようにも見える。

 

滝澤『ーいやだいやだッ』

 

『ーもういやだあ きもちわるいいい もうくいたくないいいいいいッ』

『返せええ返してくれよおおおー』

 

その時…入り口扉の小窓から泣き叫びながらどこかに連れ出されていかれている滝澤の姿が…。

亜門『ー政道…ッ!?』

 

『…!』

 

ベットから立ち上がろうとするも、転んでしまう亜門。

亜門『…腕…』

『(あのとき…眼帯に…)』

 

効果音(コトッ)

と次の瞬間、、、亜門が失われたままの自分の右腕に視線を落としていると…。

入り口付近から何やら皿に盛られている生肉のようなものが差し入れられる。

 

亜門『…!(肉…何の…?)』

 

『ー…ッッ』

 

興奮した状態の亜門は肉に手を伸ばしてしまう。

その右目は赫眼となっていた。

 

亜門『あああー』

 

『ーハッ!』

 

『(ーこの肉…)』

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

濡れている床に映り込んだ自分の顔を確認、赫眼であることに気づく亜門…。

亜門『ー嘉納…明博..』

 

 

 

嘉納『ー亜門さん』

『…死んでしまいますよ』

 

と、弱った亜門に話しかけたのは、入り口扉の小窓越しにいた嘉納。

ベット上にうずくまって弱り切っている様子だが、嘉納を睨みつける視線は強い意志がうかがえる。

亜門『…』

 

しばらく時間が経過したのだろうか…亜門の体はやつれて弱り切っているようにも見える。

 

嘉納『やれやれ…』

 

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

 

亜門『ごぼぼぼぼぼボボボボボ』

嘉納『オウル(ふくろう)じゃなくフォアグラを作ってる感じだ』

 

涙をにじませている様子の亜門『(ーなぜ…なぜ俺なんだ…)』

 

喰種『ー歩け』

 

またも場面は変わり、今度は屋外にいる亜門。

その姿はさらにやつれている様子で、二体の喰種がどこかへと連れていっているような感じ。

 

効果音(バシュウウウウウウウウ)

 

喰種たち・亜門『ー!? な…』

その時!!!突如目の前には何かの小瓶が投げつけられて、周りには煙のようなものが一瞬で立ち込めていく。

 

 

喰種たち『ーぐっ… うっ痛っー」バキ ボコ

亜門『…!?』

 

亜門『ー!』

 

煙の中で確認はできないが、殴打するような音が…。

その煙が晴れると2体の喰種は倒されて、目の前には座っている何者かが…。

 

亜門『ー…お前は…』

 

顔を上げたのはスケアクロウ

スケアクロウ『ーゴボボ…』

 

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

スケアクロウ『ア”モ サ ン』

 


ラボ〜黒山羊・亜門〜

容器の中の亜門「ー俺は…お前に…ー」

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

金木達は身構えている。

 

カネキ「…アヤトくん」

アヤト「ああ」

滝澤「…」

 

格納されていたケースを破壊して外に飛び出してきた亜門。

その両隣も、亜門のケースも「re」との表記がある様子が伺える…。

 

研究員「ーなに押した!?」

チエコ「ーぶ…分析対象のケースを…」

 

亜門「ーあがヂ」

「ア”…」

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

 

ドナートVSクインクス

場面は変わって、 才子を先頭にして駆け抜けていくクインクス達。

才子「ー…」

髭丸「そのビルの向こうです…!」

 

フラッっとしてその場に倒れてします髭丸「あ…」ド…

 

シャオ「…髯丸!」

才子「シャオ 医療班を」

シャオ「はっ」

 

才子「(無茶しやがって…)」

「ヒゲ馬鹿…」

 

「ー!」

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

才子「…」

意味深な表情で見つめる先にはドナートが・・・しかい、すぐにどこかへと姿を消してしまう。

才子に駆け寄るシャオ。

 

シャオ「ー医療班要請しました」

 

シャオ「才子さん…?」

才子「…..」

「急ぐで」

 

才子「ー…上やな」

 

先ほどまで髯丸がいた現場にて、天井にある穴を確認して2人は屋上へと向かっていく。

 

 

屋上に到着した2人・・・。

二人「ー!」

 

才子「ーウリ…?」

しかし・・・ 瓜江は才子達に背を向けた状態でモゾモゾと体を動かしている。

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

瓜江「ばぶるるる…」

「ー!」

 

才子・シャオ「…!」

才子「う…」

 

シャオ「才子さん!!」

 

赫子で攻撃を射かけてくる瓜江、シャオが咄嗟の動きで才子を救出。

才子「ーシャオ…」

シャオ「ご無事ですか…」

 

才子「ウリが…」

 

 

ゆっくりと顔をあげるシャオ「….」

「…無理です」

 

「 “フレームアウト” してますー」

 

「もう…戻れませんー」

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

 

 

 

~回想~

場面は回想へ、シャトーに集まっているクインクスメンバーの様子。

瓜江『ー俺たちが なぜ有馬貴将を越える必要があるか知っているか』

不知『そりゃー強ェ方がいいに決まってっからだろ!」

瓜江『違う』

才子『最強眼鏡軍団をつくるためや』

瓜江『違う』

 

 

瓜江『ー佐々木上等が完全に狂ったときに 止められるのが彼だけだからだ』

 

『つまり俺たちは佐々木琲世のストッパーだ』

六月『俺たちが…先生を止める…』

不知『現状4人がかりでもヤバそーだな..』

 

才子『なあウリ』

真剣な表情を見せた才子が語りかける・・・。

 

才子『ーママンじゃなくて 私たちがおかしくなったら?』

瓜江『…Qsも同様だー』

 

自分たちが自我を失った場合であっても、”Sレート喰種”と見なされて駆逐対象となることを告げた瓜江。

不知『ハァ…マジかよ…身内に刺されて死ぬのだけはゴメンだぞ…』

 

六月『だね…(汗』

 

瓜江『そうならない為のフレームだ』

『俺たちQsは佐々木より完全な “兵器” だ』

『よほどの事がない限りフレームが自壊…つまり “フレームアウト” することはない』

 

『あらかじめ言っておく』

 

『俺はお前たちが “そうなっても” 躊躇しない』

 

『ー常人ならざる力を持つ以上 すみやかに消えることもまた 俺たちの責務だー』

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

才子「…戦闘準備」

シャオ「…!」

 

才子「ーQs班は」

 

「ー瓜江一等を救う」

 

東京喰種:re 111話 画バレ ネタバレ 感想 112話 ネタバレ予想

 

 

才子「(…なあウリ)」

 

完全に元の姿から変わってしまった瓜江「オホホホホホ」

 

才子「(ー才子も もう誰も死なんで欲しいんだわ…)」

 

 

 

東京喰種:re 111話「集合P」の感想!112話のネタバレ予想は?!

さて、111話もいつも通りというか、かなり面白い展開が満載となりましたね~。

次々と明らかになっていく亜門さんの真実。

喰種化に関わっていたのは、予想通り嘉納とエトの2人。

 

そして、スケアクロウとの出会いも描かれましたね!!

今回判明した事実としては、スケアクロウ=”ヒデ”でほぼ確定したという。

 

以前から予想されてはいましたが、間違いないと言えるのではないでしょうか?

ヒデと言えば、ピエロとの関わり、丸手特等との関係も明らかになっていて、今後再登場することは真以外なく、最重要人物であることは間違いありません!!

 

この件については、以下の考察記事で詳しくまとめていますので、是非参考にしてみてください!

⇒スケアクロウの正体がヒデで確定しちゃったぞ!!(準備中・・・。)

 

 

そして、今回の主役はなんといっても、才子ちゃんで間違いないでしょう!

もうね、ラストシーンの「(ー才子も もう誰も死なんで欲しいんだわ…)」が、格好良すぎて、痺れましたよ。

 

フレームアウトして完全に喰種化してしまったウリエ・・・。

才子が救うと言っていますが、、、果たして救う事はできるのか?救うための方法はあるのでしょうか・・・?

 

そして、1点非常に気になるのは、ドナートを見つめる才子の表情・・・そしてドナートの行動について・・・。

ドナートはウリエを暴走させただけでその場を去っていってしまいましたが、、、一体なんの目的があったのでしょうか?

ドナートの目的である『可愛い子ちゃん』とは、ウリエでも才子・シャオでも無かったという事なのか?

 

更に、才子がドナートの見つめる意味深な表情・・・。

一部の噂では、才子=ピエロの一員ではないか?という噂があるだけに、この表情は非常に気になる所です・・・。

この件については、以下の考察記事で詳しく解説していますので、是非!

⇒才子の正体がピエロで確定しちゃった??(準備中・・・。)

 

 

亜門とカネキ達のやり取りも気になりますし、本局で戦っているジューゾーとウタさんの結末も気になって仕方ありませんし・・・。

今後も目が離せない展開が続きそうな感じですよね!

 

有馬貴将の知られざる過去が判明…!

39ef4c622c3a5d97969cd315c3690bc4-720x446

有馬貴将の知られざる過去って…?

 

東京喰種:re ねたばれ・考察一覧