【テラフォーマーズ新章】1話の画バレ・ネタバレ・あらすじ!新章2話の予想!

テラフォーマーズ新章 1話 画バレ ネタバレ あらすじ 新章 2話

マンナビ管理人のナビゾウです!いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

テラフォーマーズ新章1話ネタバレあらすじ・感想記事になります!!

 

遂に新章、地球編スタート!

火星でのウイルスサンプル採取、言い換えれば代理戦争が終了しテラフォーマーズも遂に舞台は地球に突入しました。

既に北海道に現れていたテラフォーマーを始め、ここから物語が大きく動き出します。

火星組を助けに来てくれた日本の一警護に入社した膝丸燈とその他のアネックスクルー達がこれから地球でテラフォーマーとどう闘っていくのか…。

テラフォーマーズ新章1話のあらすじです。

 


【テラフォーマーズ新章】1話の画バレ・ネタバレ・あらすじ

『帰還』

最初にナレーションが入ります。

【『地球』

太陽系第三惑星

7つの海と6つの大陸を持ち

赤道付近の平均気温は28℃にも上る

この恵まれた環境の下では様々な生物が現れては変化と絶滅をくり返し

それぞれのフィールドに適応し

幾度か目の温暖期を迎えている27世紀現在その種類は……

”およそ125万種という多様さである”

だがその中で3億年もの間変化も絶滅もせず

生き続けて来た虫がいる

氷河期を乗り越え人類が大幅に変えた環境にも『適応』し

現在も暗闇の中でその数を増やし続けている…

人間(ひと)は彼らを『害虫』と呼ぶ】

一警護警邏課長、膝丸燈始動!

場面は日本の東京、けたたましく鳴るバイクの音が民間人の不快感を煽ります。

『東京都C市 午後9時32分』

一般人「何だァ 今時珍走か?」

一般人「っぽくないけどな」

一般人「バイクの音ってナチュラルにうるさい上に何か不安をあおるよね」

ここで場面は一般家庭の浴室に移ります。

少年「ふぅ~…

今日も散々な目にあった……

(オレは上福岡亮太 どこにでもいる普通の高校生だ

父親の海外赴任で28歳の父親の再婚相手と2人暮らし中…

趣味は料理と裁縫と蝶のサナギを見つけてバラバラに分解することだ)」

少年は浴槽の蓋を開け、湯船に浸かります。

一警護警邏課長、膝丸燈始動!

出典:http://terraformars.link/post-5248/

上福岡「ふぅ~~

(そんな普通なオレが一体どんな散々な目にあったかと言うと…

コイツだ)」

少年が入った浴槽には先に入っていたであろう女性がいて、後ろから少年を抱きかかえていました。

上福岡「(コイツは冨士見野みさき

隣の家に住む1コ上の幼馴染で学校では生徒会長なんかやっているが家に帰ればご覧のありさま

オレのちんちんを観察するために手段を尽くす娼婦だ)」

冨士見野「私が入っているお風呂に自分から突入して来るとは

これは合意ととって宜しいな 亮ちゃん?」

そう言いながら何やらぐにぐにやっています。

上福岡「いや電気消えてただろーがよ!!

その前にココはオレん家だ

(ちなみにマンションの左隣にはブラジル人ハーフの女子大生が

上には11歳のロシア人ハーフが

下には未亡人が住んでいるが飽くまでオレ自身は普通の)」

母「ただいまぁ――

あら亮くんお風呂?

お母さんも一緒にいいかしら

夢だったのよね~息子の背中流すの」

上福岡「!!」

母親は帰ってくるなり早速服を脱ぎ、風呂に入ってこようとしています。

上福岡「マズイマズイ

こんなところ京子さんに見られたら…!!」

冨士見野「いいじゃないの」

ガチャッ!!っと音がして母親が風呂に入ってきたと思った瞬間、その母親の後ろにはテラフォーマーの姿がありました。

全員が困惑、動揺し恐怖している表情を浮かべている中、外ではバイクの音が鳴り響いています。

テラフォーマーは母親の頭を掴みました。

上福岡「ッ母」

??「突入」

誰かが突入の合図を出した瞬間、浴室の窓ガラスが割れて何者かが外から入ってきました。

母親「あぅ…!」

テラフォーマーが驚き後ろに引いた拍子に母親の頭から手を離します。

窓から入ってきたのは火星での生き残り、鬼塚慶次と三条加奈子でした。

鬼塚「”人為変態”」

一警護警邏課長、膝丸燈始動!

出典:http://terraformars.link/post-5258/

そう言うと慶次は変態し、加奈子は変態が解けたのか通常に戻り専用武器が自動的に仕舞われていきます。

鬼塚「!!」

慶次が臨戦態勢を取った瞬間、テラフォーマーは窓から逃げ出しました。

鬼塚&三条「(”逃げた!!やっぱり!”)」

鬼塚「くっ!!

追跡する!!

三条さんは後処理を!」

慶次とテラフォーマーが居なくなった浴室で民間人三人は茫然としています。

母親「あの…!!

えーっと…」

一瞬、加奈子の目が母親と冨士見野みさきの胸元に向けられ、嫉妬のような暗い表情になります。

しかし瞬時に明るく振る舞いました。

三条「いや~だ私ったら

酔っぱらって部屋を間違えちゃったみたいね!!

どうりで鍵が開いていないと思った!

窓弁償するから会社に連絡して頂戴

それじゃ」

一同「…………

…いや………ここ……

14階なんですけど……」

一方、テラフォーマーを追っているのは慶次です。

ここでナレーションが入ります。

【ゴキブリの『目』は

10秒に1個の光子というごくごく僅かな光の電気信号を

『見えない』と流すのではなく長時間”蓄積”させる事によって

ほぼ全くの暗闇でもものを視る事が出来る

加えてその『手』は】

慶次「げっ!!」

【第一関節の付け根に吸盤のような構造があり

ガラスの様な滑らかな面でもペタペタと登る事が出来るのである】

慶次「ぐっ!! く……!!」

14階から急降下したと思ったテラフォーマーは急遽壁にペタっと張り付き、慶次は近くにあったパイプに掴みかかって何とか落下を防ぎました。

ナレーションは続きます。

【その生態は足と背中がつく様な狭い場所を好み

25℃以上の温暖な環境では2か月で成虫になり

月に一度幼虫が40匹入った卵鞘(たまご)を産む

つまり】

慶ぶら下がっている状況で、上を見ればテラフォーマーが何匹もいました。

一警護警邏課長、膝丸燈始動!

出典:http://mangaotaku.hatenablog.com/entry/7470381

【…火星に居た時は10匹程のゴキブリ(テラフォーマー)は問題ではなかった…

火星(あそこ)は広く寒々しくそして何より”縦”の動きが無かった

だが地球(ここ)は違う

ゴキブリは本来地球に適応した生態(のうりょく)を持つ

ヤツらは”潜み””張り付き”見えないところで”増殖する”―!!】

鬼塚「地球(こっち)の方がむしろホームグラウンドという訳か……

君たちにとって……

なぁ―…

燈くん」

一警護警邏課長、膝丸燈始動!

出典:http://www.saikyo-jump.com/archives/48116846.html

膝丸「やっと見つけたぜ」

膝丸 燈

21歳 ♂ 177cm 99kg

所属:一警護首都本店

警邏課 課長

膝丸「地球(我が家)に潜む

害虫め」

バイクごと糸でぶら下がっていた燈くんは、周囲に糸を張り巡らしバイクとテラフォーマーを固定します。

膝丸「今のが……

今のが火星で死んだ仲間(クルー)の分だ

でもって――」

一警護警邏課長、膝丸燈始動!

出典:http://terraformars.link/post-5268/

そう言ってバイクから刀を出し、テラフォーマーを切りつけます。

膝丸「今のが卑怯にも闇夜に紛れて人間を襲うせいで無念の内に死んでいった

同胞(にんげん)の怒りだ!

一匹!!捕獲!!!」

その頃、地上では慶次がもう一体を倒していました。

地球のゴキブリの恐怖…!

【現在!2621年!!

東京都の一年間での『行方不明者』人数『8711人』

まだ騒がれていないが

この人数はその前の一年間と比べ『2.1倍』にもなる】

三条「おお!倒してるじゃないですか」

鬼塚「いや…

8匹くらい居たんだ…

残りにはすぐに逃げられてしまった」

【失踪する時間帯は圧倒的に『夜間』

マンション8階以上の高層階

そして争った形跡は無く『浴室』で突然いなくなるケースが多発している

末端の警察はこの一連の失踪事件を『組織的な犯行』と位置付けている】

燈くん達の仲間と思える誰かが捕獲したテラフォーマーを運ぶ準備をしています。

三条「でも……

どーいう状況だったんだろうね…

男1人女2人でお風呂って……」

全員「……………」

膝丸「バカ介護だよ」

三条「あー介護…」

彼らは再びバイクに乗り、会社に戻ります。

膝丸「(……火星と違い

匿れる場所があるという事は分かっていたが

”あまりにも訓練された動き”

怒りに任せて人を殴る火星のゴキブリとは違う……

”見えない”

”だが確実にいる”という

”地球のゴキブリ”の恐怖……)」

『株式会社”一警護”

首都本店 別棟(裏口)』

確保したテラフォーマー2体がドザッと置かれます。

日向「おかえりなさい!

よくぞ捕まえて来てくれました!

偶然カメラに写り込んだ一匹

追跡して正解でした」

膝丸「……………

埒が明かない」

鬼塚&三条「………」

日向「………

『今回はたまたま助けられたが』

『何万匹いるか分からないゴキブリに対しこの人数で』

『こんなゴーストバスターみたいな事をしていて意味があるのか』

……といった所でしょうね

大丈夫だ膝丸さん

ここからは戦略部(オレたち)の仕事

こいつの脳に電流を流し『地図』を取り出す

勝ちの目はある

それはゴキブリ(コイツら)が進化しすぎて

完全な『軍(むれ)』になっているという点

上手くすれば

あなたの育ての親の仇に会えるかもしれない」

ここでナレーションが入ります。

【ゴキブリという生き物が今日まで絶滅させられなかったのは

人間と生活が”ぶつからなかった”からに他ならない

この世で一番嫌ってはいても

誰もゴキブリに殺されてなどいなかった

だが過酷な火星で進化し大きくなり知能を備えた彼ら(ゴキブリ)の生態は

人間と正面から”ぶつかる”事となる

自転周期24時間

平均気温15.4℃

豊富な水と酸素 有機物

電気ガス水道完備

食品廃棄量1900万トン

空き家9000万軒

彼らの故郷 この『地球』で】

 

【テラフォーマーズ新章】1話の感想

新章に突入したテラフォーマーズ、地球が舞台になっていますが確かに今回の話に出て来るようにゴキブリにとってのホームグラウンドになってしまいますね。

火星での闘いではお互いに不利な中、それでもどちらかと言えばゴキブリ本来の動きに制限のある分、人類の方が多少は有利だったと感じます。

特に思ったのは、火星でのランキング8位である鬼塚慶次が地球での対テラフォーマーという場面で活躍できるのかという点です。

もちろん1対1で勝負をすれば燈くんよりも強いかもしれませんし、甲殻型なので再生能力もあります。

しかし完全に軍となっているテラフォーマー、言ってしまえば戦術をも駆使してくる可能性があります。

そうなってしまえば鬼塚慶次は射程範囲が狭すぎるので、対テラフォーマーでは大分不利になってしまうでしょう。

地球でテラフォーマーに対して人間がどう闘っていくのか、楽しみにしていきましょう。

以上、テラフォーマーズ新章1話のネタバレでした。

 

>>テラフォーマーズの記事一覧はコチラ