【テラフォーマーズ新章】27話のネタバレで地球での全面戦争が開始!日本大ピンチ・・・!

テラフォーマーズ新章 27話 ネタバレ

マンナビ管理人のナビゾウです!

いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

テラフォーマーズ新章27話ネタバレで、先行して飛んできたテラフォーマー対日本の・・・遂に地球での全面戦争が始まってしまいました!テラフォーマーのみならず中国やスニーカーズもですから・・・日本がますます大ピンチになってきました・・・。

スポンサードリンク

テラフォーマーズ新章 前回までのあらすじ

テラフォーマーズ新章 27話 ネタバレ

 

前回は、蛭間一郎が中国の工作員に襲撃され、仮死状態になるも毒により生存確率は五分。

そしてテラフォーマー達はクジラ型テラフォーマーに乗り、大群で日本列島を目指しています。

鳥型テラフォーマーによる爆弾の投擲で、遂に民間人にまで被害が及んでいます。

しかし、その状況でも金子副総理はまともな対応ができずに日本がピンチに…。

六嘉は五分の望みを信じ、蛭間一郎に水をかけ、蛭間一郎がなんとか蘇生したところで終わりました。

スポンサードリンク

テラフォーマーズ新章27話の要約

テラフォーマーズ新章 27話 ネタバレ

インヴォーカーがテレビ中継に出ているところから始まります。

日本列島では、テラフォーマーが宇宙人だと騒ぎになり、一般人に甚大な被害が及んでいる状況。

一警護の染矢と舜が事態に対応しようと動くが七星から、もう君たちの出動だけで何とかなる規模ではないと電話で聞きます。

そして総理大臣不在の日本では、金子副総理が事態を飲み込めず、保身ばかりでそれどころではありません。

そこに登場するのがびしょ濡れの蛭間一郎、全員に逃げるように伝え、陸・海・空・警察の全基地を自分に直接繋げるように言います。

自衛隊が民間人を守るために蛭間一郎の指示の元、次々とテラフォーマーを撃退していきますが、テラフォーマーは仲間を犠牲に、盾にしながら自衛隊に対抗しています。

日本で勃発した人類対害虫決戦の開始と同時刻にデンマークにて、アメリカ大統領、中国国家主席、ローマ連邦大統領の3人が会談、アメリカと中国が非常に険しい表情をしながら握手しているシーンで終わりになります。

蛭間一郎の大活躍か!?

テラフォーマーズ新章 27話 ネタバレ

おそらく自衛隊史上最も早くて速い!という総理の側近的な人物の発言があるように、蛭間総理の対応が非常に早いです。

七星の発言なのか、テラフォーマーは事前交渉ナシに準備ができ次第、淡々と全面戦争になると蛭間総理はわかっていたんだと言っています。

この事から蛭間総理は、テラフォーマーの事を決して公にせず、水面下でずっと準備していたのでしょう。

火星編で北海道にテラフォーマーを確認し、アメリカが艦隊を送った時には、戦闘機や空母が一方的にやられていたのに対し、今回は一進一退ながらに善戦しています。

ミサイルを大量に積んでいるであろう戦車に、オスプレイみたいなヘリまで飛んでいて地上と上空からのテラフォーマーに対する一斉攻撃です。

蛭間総理は以前、身長170センチ、体重151キロという情報が載っていましたが、かなりハードな筋トレをしていたであろうシーンもあり、その体重のほとんどが筋肉でしょう。

てっきり、蛭間総理も前線で闘うのかと思っていましたが、もし闘うにしてもどうやらそれはまだ先になるようですね。

現在日本にいる唯一のバグズ2号元乗組員であり、日本国内においてテラフォーマー対策に一番精通している人物でしょう。

世界の危機!各国の協力か?

テラフォーマーズ新章 27話 ネタバレ

最終ページに出ている米・中の固い握手、人類の危機に面し共に立ち上がろうということでしょうか。

中国は置いておき、アメリカは今までも良好な関係を築いていたと思います。

人工島の一件、米軍チームがいなかったら燈くん共々どうなっていたかわかりませんし、元々火星では合同班だったので敵対なんていうことは有り得ないでしょう。

ここで、ロシアとかドイツはどこに行ったのでしょうか。

エヴァが人工島に一緒に助けに来ていましたが、今回の全面戦争にロシアやドイツがいませんね。

これは、仲が悪いのはアメリカと中国であり、同時に世界を台頭している国家もアメリカと中国だから、とりあえず今だけはこの二か国は絶対に仲良くしなければならない!ということでしょうか。

そうなると、この後にロシアやドイツも参戦して、地球全体とテラフォーマーの対戦になります。

普通に深い事は気にせず読んでいたら、これから地球のみんなで頑張るのかーってなりますけど、今までのテラフォーマーズを読んでいるとそう単純な話では終わらないですよね。

中国は本当に協力するのか

テラフォーマーズ新章 27話 ネタバレ

やはりここでしょう、気になるのは。

火星然り、地球に戻ってきても敵対国イメージが強すぎます。

一応握手なんてしていますが、そもそもプランデルタから中国は良い印象も無ければ仲間意識も無いですよね。

そして地球に来てからの一番の障害はスニーカーズでしょうか。

スニーカーズとして登場しているのは雷博士とファティマですが、ファティマはどこの国だろうとか縛りが無く、とりあえずニュートン一族って感じですが、金姫が中国の味方っぽい感じがしてたので、スニーカーズ=中国ってイメージが湧いてしまいます。

そうすると、中国はこの全面戦争に乗じて何かしてきそうな感じがしますね。

実際に前回、第二山壌の工作員が蛭間総理を襲撃していますから、日本に対して国家破壊規模の何かをしてくることも有り得ます。

スニーカーズとインヴォーカーは、目的の過程が一緒だから協力していると言っていましたが、その中でも雷博士の目的はやはり燈くんとミッシェルさんでしょうか。

つまり中国の目的は、燈くん&ミッシェルさんの確保か日本崩壊、もしくはその両方ってところですかね。

燈くんさえ確保できれば良いみたいな雰囲気醸し出しているので、それが穏便に済めば日本をどうこうするつもりもないように感じます。

テラフォーマーズ新章27話のまとめ

先行して飛んできたテラフォーマー対日本、遂に地球での全面戦争が始まってしまいましたね。

これから更なるテラフォーマーの大群が押し寄せる中、対応を迫られるのはテラフォーマーのみならず中国やスニーカーズもですから、蛭間総理は忙しくなりそうです。

でも、あと数時間で総理の任期が終わってしまうので、その後はどうなるのでしょうか。

ますます日本がピンチになってきました。

なんだか、テラフォーマーズも規模が大きくなってきたと思います。

次の話から、日本がどうなっていくのか、そして全世界で協力してテラフォーマーに立ち向かうことができるのか、そういったところに注目して見ていきたいと思います。

以上、テラフォーマーズ新章27話(200話)のネタバレと感想でした。

スポンサードリンク

こちらの記事も人気です