テラフォーマーズ新章30話のネタバレでインヴォーカーのラスボスから降板!!

テラフォーマーズ 新章 30話 203 ネタバレ インヴォーカー 赤ん坊

マンナビ管理人のナビゾウです!

いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

テラフォーマーズ新章30話(203話)ネタバレで、かなり激しい動きが見られました!!インヴォーカーのラスボスから降板?してラスボスの後釜がハーフゴキブリか、スニーカーズとなったと噂が…?!

スポンサードリンク

前回までのおさらい

前回、新章29話の終盤でインヴォーカーの元に現れた草間朝太郎。

あの異質の存在感で、強さも相当なものだと思われていたインヴォーカーに対して謎の攻撃をしていました。

ジャパン・ランキング3位で免許皆伝(バトルマスター)と名乗ったところで終わりましたが、30話でバトルが展開されるのは明白でしたね。

そして実はこの前回のページで既に、草間朝太郎のベースのヒントが出ていたのです。

スポンサードリンク

テラフォーマーズ新章30話(203話)の要約

テラフォーマーズ 新章 30話 203 ネタバレ インヴォーカー 赤ん坊

前回で放った草間の攻撃により、インヴォーカーは両鼓膜破裂。

反撃したと思ったインヴォーカーだったが、それは毒による攻撃を行うための草間の作戦でした。

米軍の衛星によるインヴォーカーの追跡、それをコネで成した草間、更には米軍以外の各国やスニーカーズにもコネがあると言います。

そしてインヴォーカーは毒により聴覚だけでなく視覚、嗅覚までやられ、尾葉の感覚だけでタックルをかまして鯖折りまでするも、草間がお返しの袈裟固め。

かっこいいセリフを放った次の瞬間、突如現れたテラフォーマーと人間のハーフの赤ん坊に、草間は呆気無く首を捻られます。

その間に蛭間総理率いる本土の指揮組は、草間からの連絡を待ちつつ、自衛隊に指示を出しています。

一方、呆気無く終わったと思われた草間は、首が反転したまま赤ん坊を投げ飛ばし、インヴォーカーの背負い投げにも動じることなく対処します。

草間の動画と思えるものの送信により、インヴォーカーが日本海にいると判明、七星と六嘉は対応に追われます。

まだインヴォーカーは生きていますが、草間の圧倒的有利な状況で今回は終了します。

草間朝太郎のベースとその強さとは・・・?!

テラフォーマーズ 新章 30話 203 ネタバレ インヴォーカー 赤ん坊

今回判明した草間のベース、それはワシミミズク、つまり梟でした。

途中の説明にある、梟の首は270度曲がるという部分、これのおかげで草間は赤ん坊に首を捻られても大丈夫だったんですね。

そして冒頭でも言いました、前回既に草間のベースについてピントが出ていたという件、草間がインヴォーカーのいる飛行船に到着したシーンで、縞模様の羽が舞っていました。

戦闘シーンでもひらひら舞っていたあの羽、ワシミミズクの羽だったんですね。

そして全生物の中で鳥類が最も発達している大胸筋、脇を絞める筋肉という説明が入っています。

ちなみに大胸筋、人に羽が生えたとして、飛ぶためにどれだけの大胸筋が必要かと言うと、約20倍は必要だそうで…。

それを考えれば、変態後の草間の強さはえげつないでしょう。

加えて膝丸心眼流、燈くんは体術のみならず剣術にも長けていましたし、草間紫暮おじいちゃんは、あれは刀でしょうか、それともただの棒でしょうか…。

とにかく、インヴォーカーに負けたとはいえ、紫暮おじいちゃんも強そうな人でした。

そして草間、最終ページにて自分で「『免許皆伝』っちゅーんは『師匠より強い』ってことじゃろがい」と言っています。

さすが3位、染矢に劣るとはいえ、その染矢は簡単に言うと喧嘩ならニュートンと同じくらい強いってことですから、要はニュートンの次に強い的なポジションで良いんですかね。

色々気になるところはありますが、個人的に一番気になっているのは、草間は飛べるってことで良いんですよね?

羽舞ってたし、梟だし、でもインヴォーカーとの対戦の時に羽というか翼出てないですよね。

これは、翼は自由に出し入れできるのか、それとも序盤でインヴォーカーを殴った、あの一警護印のボックスのような物の中に翼代わりの何かが入っているんでしょうか。

アレックスは腕が翼になっても一応ワシだから手はありましたが、それでも翼はありましたし、三条なんて腕が全部翼になっていましたよね。

きっと今後の展開に大した関係性は無いと思いますが、ちょっと気になってしまうところですね。

インヴォーカーは草間朝太郎に勝てないのか…?

最初からラスボス感のあったインヴォーカーですが、草間の前では割と呆気無かったという印象です。

ですがそれは、インヴォーカーが人間寄りの思想の持ち主であり、尚且つ相手が草間だったからではないでしょうか。

人間寄りの思想からなのか、自分が聴覚を失ってから最初に繰り出した攻撃は、草間の視覚を塞いでからの打撃でした。

五感の一つを潰されたから、相手のも一つ潰す、なんだか自然界ではなくやはり人間っぽい感じがしますね。

その結果、インヴォーカーは毒を浴びるのですが…。

そしてその後の戦闘では視覚と嗅覚も失っているので、本来逃げるために使うという尾葉の感覚を、草間を捉えるために使っています。

インヴォーカーの人間思想が決定的なのはここから繰り出す技の二つですね。

一つ目は鯖折り、これは咄嗟に出た行動かもしれませんが、もし意識してやっているのであれば、鯖折りは相撲の技ですから思いっきり人間の技を駆使してますね。

二つ目は、草間が首を捻られたところから復活した直後の構え、要約でも言いましたが恐らく背負い投げでしょう。

人間の技、柔術を使っているのであれば、草間が負けることなんてあるのでしょうか。

思い返せばテラフォーマーズの序盤、燈くんはヒグマ相手に一本背負いをしていました。

これを学んだのが膝丸心眼流なのであれば、免許皆伝の草間からすれば柔道技や相撲技を防ぐなんて簡単どころか、むしろ得意分野ですよね。

インヴォーカーは人間の土俵に立ってしまったがために、草間に敗れたのでしょうか。

まあまだインヴォーカーの負けは決まっていませんが…。

それにしても、ワシミミズクの能力で飛ぶことが可能で、尚且つ戦闘能力はインヴォーカーとの相性が良いとなると、草間の勝ちは決まりと見えてしまいますね。。

気になる赤ん坊って誰…?

テラフォーマーズ 新章 30話 203 ネタバレ インヴォーカー 赤ん坊

今のテラフォーマーズで一番不気味な存在が赤ん坊ですね。

人工島での一件では、髪の長い女性のような出で立ちのハーフテラフォーマーであろう存在もいました。

正直あの女性のシーンは、ページ捲った瞬間にかなり鳥肌が立ちました…。

そして赤ん坊は、以前本郷丈一が言っていたように、本当に彼の甥っ子なのでしょうか。

仮にそうだとしても、草間に向かってしっかり攻撃加えてますし、あれ草間じゃなかったら確実に致命傷になっていますよね。

もう、取り返したところで育てるのはちょっと無理があるでしょう…。

そんな赤ん坊、インヴォーカーの血を引いているのか、幼いながらに凄い戦闘力を発揮していました。

見たところ5歳前後といったところでしょうか、この攻撃も殴る蹴るではなくしっかり捻れば確実に死ぬ、首を第一に狙っているところもまたテラフォーマーっぽいと思います。

ですが一番怖いのは、草間がインヴォーカーをいたぶっている時にこの赤ん坊、真顔でその様をずっとガン見していることですよね。

まあテラフォーマーってほとんど表情が変化すること無かったので真顔なところは良いとしても、インヴォーカーの液が赤ん坊の顔に付着したであろうシーンでは、なんだかよくわからない表情をしています。

感情を感じないというところがやはり恐怖でしょうが、ちょっと何かを学んでいるように見えて仕方ないんですよね。

バグズ2号の時に卵から産まれたテラフォーマーは、産まれた瞬間からそれなりのサイズがあったのですが、今回は人間のハーフだからか小さいですね。

成長速度はテラフォーマーと人間の中間くらいなのでしょうか。

この赤ん坊の存在、これからもよく注視していきましょう。

テラフォーマーズ新章30話(203話)のまとめ

今回のテラフォーマーズ、結構動いた一話じゃないでしょうか。

なんと言っても敢えて名付けたインヴォーカーとの対峙ですからね。

そして気になっていたジャパン・ランキングの一人、草間朝太郎の順位とベースまで判明し、後気になるのは誰でしょう?

舜と呼ばれていて、29話では爆弾から東京を守った人、彼がいったい何者なのか気になりますね。

染矢龍大やサムライソードもまだベースがわかっていません。

ですが、一読者としてはこうやってネタを小出しにしてくれた方が面白いですよね。

今後の展開としては、インヴォーカーのラスボス立ち位置降板はほぼ決まりで、ラスボスの後釜がハーフゴキブリか、若しくはスニーカーズでしょうか。

人間相手の戦争は切ないですよね、火星の時の第四班がそうでしたが…。

もしラスボスの立ち位置がスニーカーズとすると、スニーカーズが敵対しているのは既にわかっていますが、全体的な流れが火星編と地球編で同じになってしまいませんか?

新しい設定やキャラクターが登場するのもそれまた新鮮で良いですけど、今ある状況でびっくりしたいというのが個人的な見解ですね。

こういう予想すらも全て外れてしまうところがまた面白いんですけどね!

という訳で、見解や考察も多くなりましたが、以上、テラフォーマーズ新章30話の感想でした。

スポンサードリンク

こちらの記事も人気です